大学生がバイト以外でお金を稼ぐ12の方法。


大学生でバイトをせずに、お金を稼ぎたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

僕も実はそんな一人でした。バイトとかめんどくさいから、他の方法で稼ぎたい。

そう思ってお金を稼ぐ方法を試行錯誤していたら、気づけばそこらへんの会社員くらいは稼げるようになっていました。

今回は僕が実際に実践していたものや、これが稼げそうというお金の稼ぎ方を皆さんに紹介していきます。

ブログ運営

今すぐ実践出来るものとして、ブログ運営があります。

ブログがお金になる流れは、ブログを書く、ブログが見られる、広告でお金がもらえるという流れです。

ブログで稼ぐ方法はいくつかありますが、初めての人は主に広告収入で稼ぎます。

有名なところでいくと、広告をクリックされると収入が入るGoogle adsenceがあります。

僕が一番の収入を得ているのが、このブログ運営です。半年前は収入が0でしたが、今ではかなり収益があります。

ブログはストック型ビジネスで、一度お金になると、流入が勝手に入り続けます。

しかし注意点としては、ブログを書いてからお金になるまでに、3ヶ月以上かかるので努力が必要です。

合わせて読みたい

【ブログ運営報告】月間8万PV、収益39万円。大学生ブロガーの初報告。

2018.03.31

アフィリエイトサイト


アフィリエイトサイトはブログと似ていますが、違います。

アフィリエイトサイトとは、あるカテゴリに特化し収益をあげるためのサイトです。

一見、ブログと似ていますが、オピニオン系の記事はありません。

主に商品の紹介が記事の内容になり、アフィリエイトサイトの運営者も顔を出すことはありません。

アフィリエイトサイトでの稼ぎ方は、商品を紹介して報酬をもらう形になります。

その他にも無料体験に誘導や会員登録など、成果は異なります。

いかに読者の心に刺さる文章構成で記事を書くかが重要になります。

アフィリエイトを始めたい人は、A8.netがオススメです。

一番有名なアフィリエイト広告が揃っています。初心者はまずA8.netから登録をしてみましょう。

Webライター

Webライターは、名前の通り文章を書いてお金を稼ぎます。

様々なメディアでライターを募集しているので、探してみましょう。

Webライターは、主にクラウドソーシングのサイトなどで仕事を見つけることが出来ます。

初心者でもOKなところがたくさんあるので、まずは初心者OKの案件をこなしてみましょう

クラウドソーシングのサイトは、CrowdWorks(クラウドワークス)がオススメです。

自己アフィリエイト


自己アフィリエイトは、アフィリエイトを自分で試すことで収益を得られます。

例えば会員登録を自分でする、無料体験をしてお金をもらえます。

最近見た最高の自己アフィリエイトはクレジットを作って1万5千円なんてものもありました。

自己アフィリエイトの案件は、アフィリエイトサイトを検索すると出てきます。

アフィリエイトサイトでも紹介したA8.netは、自己アフィリエイトができる案件がまとめられているので大変見やすいです。

電子書籍

以前まで、電子書籍を完売していました。

色々な電子書籍のプラットフォームがありますが、僕はAmazonのKindleで販売していました。

1冊で月に数万円の売り上げがあり、単純に考えると何十冊出せばかなりの売り上げになります。

一方で、電子書籍とはいえ、コンテンツ作成に時間がかかってしまいます。

ブログでに流入があれば、そこから本の紹介が出来るのでオススメです。

合わせて読みたい

kindle出版は儲かるのか?個人に入る利益を公開

2018.03.10

有料note


noteは、クリエイターが文章等を販売できるプラットフォームです。

大体100円~1000円ほどで販売することが出来ます。

電子書籍とは違い、ブログの分量を販売することは出来るので、販売のハードルは低いです。

ただnoteでの、集客はかなり難しいので、SNSやブログをやっておくことがオススメです。

Youtube

Youtuberは今ではかなり有名です。
動画を上げて、広告収入を得るビジネスモデルです。

有名になると、かなりの広告収入になりますが、ファンがいないとほとんどお金にならないです。

動画で稼ぎたい人は、まず一攫千金を狙い、挑戦してみてはいかがでしょうか。

SNS

SNSでお金を稼ぐことも出来ます。

お金になる流れとして、フォロワーを集める、何かを紹介もしくは販売するという流れになります。

SNSでフォロワーが増えるということは、ファンが増えるということです。

時間がとてもかかるので、お金を稼ぐ目的というよりは、影響力を持ち、何かに使えるかもくらいに考えていた方がいいと思います。

ココナラ

ココナラは、インターネット上にお店を作り、スキルを販売することが出来ます。

似顔絵、相談、プログラミング、ビジネススキル、自分の時間の販売等、自分のスキルを売ることが出来ます。

何かスキルがある人にはオススメです。ココナラは、で月に何十万と稼いでる人もいます。

稼ぐポイントとして、最初は値段を下げ、レビューを上げていくことです。地道に自分の評価を上げていきましょう。
 
ブログをしていると、広告枠を売ることなども出来ます。

クラウドソーシング

クラウドソーシングでは、様々な外注を受けることが出来ます。

Webライターで紹介したライターの仕事をはじめ、プログラミング、デザインなどの仕事が出来ます。

もし自分に特技などがある場合は、クラウドソーシングで稼ぐことが出来ます。

クラウドソーシングは、Webライターで紹介したCrowdWorks(クラウドワークス)がオススメです。

転売

転売は、安く仕入れて高く売って利益を出します。

ビジネスの基本ですね。そこまで稼げないと思うかもしれませんが、取引金額を大きくしていくと月に何十万と稼げるようになります。

転売では、自分のいらなくなったものを売ってもいいですが、基本的にはオークションサイトで格安のものを仕入れ、他のサイトで高く売りましょう。

有名なサイトでいうと、メルカリ、ヤフオク、楽天市場などがあります。

大学生はバイト以外でお金を稼ごう

大学生はバイトをしなくても、かなりの額を稼ぐことは可能です。

本気になれば難しいことはありません。

しかし反対にアルバイトは、アルバイトとしての学べることがたくさんあります。

個人的にはアルバイトを経験し、自分でお金を稼いでみたいと考えている人には是非挑戦して欲しいです。

バイト以外でお金を稼ぐことは、大学生にとって貴重な体験、勉強になります。

頑張って挑戦して見てください!

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)