大学生がやるべきこと、オススメのやってよかったこと17選!


今回は大学生の内にやるべきことを紹介していきます。

「大学生の内にやるべきことはなんだろう。おすすめのやるべきことをしたい」

こんな風に考える大学生は多いと思います。

大学生の4年間の時間を、少しでもいいものにしたいと考えるのは当然です。

僕は休学していたので、5年間大学に通っています。

つまり人よりも多くのことを大学生で経験しています。

また人よりも大学時代に、様々なことをしてきた自信があります。

今回は、そんな僕が大学生の内にやるべきオススメのこと17選を紹介していきます。

体育会の部活でスポーツに熱中する

僕は大学に入学してから2年間ほど、体育会の部活に所属していました。

そのため最初の2年間に関しては、部活以外の思い出はありません。基本的に練習尽くしでした。

普通大学生からすると、大学にも入って部活なんてやらないですよね。

でも僕は2年間でしたが、体育会に所属してスポーツに熱中できて良かったと思っています。

良い言い方をすると、スポーツの楽しさ、社会の理不尽さ、努力の重要性を知ることが出来ます。

皆さんよく認識を間違えていますが、体育会の人はめちゃくちゃすごいです。

大学生が遊んでいる間にも、多くのことを学んでいるんです。

そりゃ就活では有利になります。

もしスポーツが好き、就職活動で上手く行きたい人は所属してみてはいかがでしょうか。

僕の体育会時代のことは下記の記事にまとめてあります。

【大学の部活をやめる】レギュラーの僕が退部を選んだ理由。

2017.09.15

長期インターンでビジネスの世界を知る

大学生で長期インターンはしたほうが絶対にいいです。

大学にいると関わるコミュニティが同じになりがちです。

外の世界、つまり大学から一歩出ると、様々なことが学べます。

長期インターンのメリットは、ビジネスの世界を知れることです。

ほぼ同世代の人たちがビジネスをしている事実を知った時は衝撃でした。

また僕は長期インターンがあったからこそ、ブログ運営、SNS運営、プログラミングなどを自分で運営することが出来ています。

しかも長期インターンをすると就活には強いですしね。やらない手はないです。

僕は学生時代に5つの長期インターンをしていました。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

長期インターンを5社経験した僕が教える。一番いいインターン先の選び方。

2017.10.20

留学で価値観を変える

留学に行くと価値観が変わります。

留学は英語力が伸びるのが目的だと思われがちですが、一番勉強になるのは文化や価値観にあると思っています。

その国にどんな風習があり、世界の国の人々はどんなことを考えているのか。それを学べるのが留学の醍醐味です。

僕は1年間アメリカに留学していましたが、人種や文化などについての価値観が変わりました。

大学生で海外の価値観を知ることは非常に大切です。むしろ社会人になってからこの経験をすることは出来ません。

お金がかかりますが、今は様々な奨学金があります。調べればたくさん出てきますよ。

合わせて読みたい

1年留学したけど、留学で1番学べることは英語じゃないと思う

2017.09.11

留学で英語力の伸びはどうなる?1年留学した僕が解説します。

2017.08.18

海外インターンで海外のビジネスを体感

「将来は世界をまたにかけて、仕事がしたいんだ!」

世界をまたにかけて働くって、かっこいいですよね。こんな風に考える学生はたくさんいます。

そんな人は海外インターンに挑戦するのがオススメです。

僕も海外で2社インターンしていましたが、日本のインターンとは全然違います

英語での仕事なので難しいですし、働き方の文化も違います

英語力は入りますが、一番必要なのは気持ちです。最初からビジネス英語ができる人はいません

とにかく海外インターンに飛び込んでみましょう

一つ注意するべきなのが、海外インターンはただの雑用をさせられることが多いです。

本当に自分のためになるインターンを選びましょう。

合わせて読みたい

海外インターンシップは就活に役立つのか。経験者が教えます。

2017.08.14

休学して、自分のやりたいことに挑戦する


僕は1年間の休学をしています。

何をしていたかというと、留学、海外インターンを主にしていました。

よく休学なんかして大丈夫?と心配されますが、休学しても何も不安なことはありません

逆に大学生の時間は二度と戻ってきません。その1年間を使い自分に興味のあることに熱中できる素晴らしい時間だと思っています。

僕はどうしても留学と海外インターンを経験したかったんです。その手段として休学をしました。

大学でやり残したことがある、社会人になったら出来ないことがある。

こんな人は是非休学してみてください。

休学の就職活動への影響がきになる方は下記の記事を参考にしてください。

休学は就活で不利なのか?成功したいなら〇〇な休学をしろ!

2017.08.07

バックパッカーで海外を周る

海外に興味がある人は、是非一回はバックパッカーになるのがいいと思います。

ヨーロッパ、東南アジア、アメリカ、アフリカ、場所はどこでもいいと思います。

なぜバックパッカーをオススメするか。

それは全て自分で決断しなければいけないからです。

様々な国を一人で渡り歩くことで、日本では学べないこと、様々な国の人や文化に触れ合うことが出来ます。

貧乏な学生らしくひどい宿に泊まったりするのも、一生の経験です。

バックパッカーをしていみたい人は、とりあえず行く地域とスタートする国、予算だけ決めて旅立ちましょう。

あとは以外となんとかなります。

ブログで発信力をつける

ブログで発信力をつけて良かったと感じています。

もちろん僕なんてブロガーとしたら、本当にしょぼいです。

しかし今読者がこの記事を読み、僕の考えが伝えられるのもブログがあるからです。

自分の考えをブログを通して、読者に伝える。僕はこんなに素晴らしいツールはないと思っています。

お金もかかりませんし、バイトしている大学生よりは稼げるようになります。

自分の考えを発信して、稼げる資産なんです。

是非自分の考えを発信するのが好きな人は挑戦してみてください。

合わせて読みたい

大学生は今すぐブログを始めろ!勧める8の理由

2018.03.06

お金の勉強をしておく

お金の今日ようを身につけてよかったと感じています。

お金のことって皆さん理解していますか?
そもそもお金とは何か?株式投資とは?FXとは?

社会人になってから勉強し始めるのもいいですが、大学生の内にお金に対する教養を身につけておくべきです。

お金の今日ようがあるだけで、かなり知見の幅が広がります。

オススメはお金に関する本を読みまくることです。

お金でオススメの本

大学生の内にお金とは何か、どう動いているのかの基礎的なことは学んでおくと、勉強になります。

kindle本を出版してよかった

最近kindleで本を出版しました。

この経験は本当によかったと感じています。

どのように本が出せるのか、編集、表紙、お金の配分知らないことばかりでしたが、自分の中で非常に勉強になったと感じています。

何より今は、誰もが著者になれる時代です。面白いコンテンツさえあれば、誰でも本が出せます。

自分の意見、経験を本にしてみたい人は是非試して見てください。

ブログとの相性は抜群に良いので、ブロガーには特にオススメです。

お小遣い程度ですが、お金も入ってきますしね!

kindle出版は儲かるのか?個人に入る利益を公開

2018.03.10

自分でお金を作る経験を知っておく


大学生の中で、どのくらいの人がお金を作ってことがあるでしょうか。

ここで言っているのは0から1です。

アルバイトや有給インターンは入れません。社会人になり会社に入れば、会社から給料をもらうのが当たり前になります。

自分でお金を作り出すことがありません、あってもそれは会社の資本をつかっています。

大学生の内にビジネスでお金を作って見ると大変さがわかり、ただ時給で仕事しているが楽かを痛感します。

ただの時給で働くこととは違い、様々なことに挑戦できるので是非やってみてください。

読書で知識量を増やす


僕は月に10冊以上の本を読みます。多い時は15冊くらい読みます。

実は読書をするようになったのは、ここ最近です。大学1、2年ではほぼ読みませんでした。

しかしビジネスで成功している人たちが、皆読書をしているのを知り、僕も読書をはじめました。

読書をすると何がいいか。圧倒的に知識量が増えます

知識が増えると何がいいのか。それは会話の幅が広がります

会話の幅が広いと、人と話していてかなり有利です。

大学生は暇な時間がたくさんあると思うので、読書をしまくることをオススメします。

合わせて読みたい

大学生は読書しないほうがいい。僕は月15冊読むけどね。

2017.11.10

サークルに所属して仲間を作る

僕は大学で旅行サークルに所属していました。

最初は暇つぶしのために入りましたが、今では仲のいい友達がたくさんいます。

バカみたいなことを話して笑う友達。そんな友達って意外と作るのが難しいですよね。

大学生でしか出来ないノリ、バカなことをできる場所だと思います。もちろん法は犯してはいけません。

就職活動で自分と向き合う


就職活動を本気でやって良かったです。

自分の将来をしっかり考え、決断する時間は大学生を成長させてくれます。

もしこの中に、就職活動なんて適当でいいや。働く場所はどこでもいい。

そんな考えなら、間違っています。

就職は人生の大きなターニングポイントの一つです。

全力で自分のことに考える時間を作ってみてください。

合わせて読みたい

就活解禁前に内定を取れ!内定がある重要性を解説します。

2017.12.06

就活で成功する人の共通点!◯×◯×◯で100人に1人になること

2017.09.04

【就活のおすすめ本】内定達人が絶対に買うべき本をテーマ別に厳選!

2017.08.08

プログラミングで可能性を広げる


僕はド文系の大学生ですが、一時期プログラミングにはまっていました

はじめはインターン先のエンジニアと仲良くなり、とりあえず勉強しはじめ、サービスを作りました。

なぜ文系大学生がプログラミングを勉強するのか。

それは可能性が広がるからです。

もしかしたらエンジニアとしての将来が開けるかもしれないです。やってみないと自分にあっているのかはわかりません。

またこれからの時代、ますますプログラミングは重要になってきます。

1回でもやったことがあると、なんとなく話にもついていけます。しかし知らないと何を言っているのかわかりません

これからの時代にプログラミングをやったことがあるのは非常に重要です。

僕のプログラミングを勉強していた時の記事を参考にしてみてください。

ド文系大学生が1ヶ月ガチでプログラミングを勉強してサービス公開する話。

2016.04.18

恋愛をしてよかった


大学生でたくさん恋愛をしてよかったと思います。

僕は中高が男子校だったので、あまり恋愛をしてきませんでした。

その反動で大学に入り、多くの恋愛をしてきました。

でも恋愛ってめちゃくちゃ難しいですよね。

実際に話してみたり、付き合ってみたりしないとわからないことって多いです。

コミュニケーションの取り方、人が何を考えているのかわかるようになります。

そんなことかよと思われるかも知れませんが、社会人になってからこの能力をつけるのは難しいです。

僕の友達にも童貞がたくさんいますが、いますぐ恋愛するべきだと思っています。

一人暮らしで自立する

大学生で一人暮らしをすると、親のありがたさが身にしみます。

朝食一つとるのも、一人暮らしだとめちゃくちゃめんどくさいです。

当たり前のように親が家事をしてくれていたけど、こんなに大変なのかと知ります。

親への感謝、自立することの大変さをしれて良かったです。

大切なのは自分のやりたいことに挑戦すること

いかがでしたか?

今回は僕が実際にやった、大学生のやるべきことを紹介しました。

実際に僕と同じことをしてもいいと思いますし、自分がやりたいことをしてもいいと思います。

大学生の内に何をしたら正解なんてものはないんです。人に振り回されて、真似をする必要はありません。

一番大事なのは、自分がやりたいことに挑戦しまくることです。」

やりたいことがあったら躊躇してはいけません。大学生という貴重な時間は今しかないんですよ。

みなさんがそれぞれ、納得のいく大学生活を送ってくだだい!

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

総合商社勤務。 趣味でブロガー/ 英語インスタアカ運営とかしてます。 面白いと思ったら、とことんはまるマンです。 理想の社会人目指して呟きまくります。