留学生は思わず納得!留学あるある26選!


こんにちは!よーいちろー(@yoichiro_wei)です。

留学生はうすうす感じていることでしょう。

留学生あるあるが存在していることに。

今回は、留学生あるあるをまとめてみました。これから留学に行く人は参考にしてみてください。

SNSに英語で投稿

留学した人は、なぜかSNSに投稿する際に英語の訳を入れるようになります。

大体の場合は、日本語と英語両方書きます。文章自体が長くなるので、Facebookでこの現象が多発します。

帰国後に英語話して!と無茶振り

帰国後は、いよいよ待ちに待った、友人たちとの再開。

嬉しいのもつかの間、飲み会が始まるとある一言により、一気にどん底に突き落とされます。

ねえ、なんか英語話して

無茶振りも無茶振り。こんなときは適当に自己紹介すると、みんな納得します。

彼らは何を言ってるのか理解していません

女子が異様にモテる

外国人に、日本人の女子は絶大な人気があります。驚くほどもてます。

愛想はいいし、可愛いのでモテるんです。

女の子も、外国人はかっこいいイメージがあるので、まんざらでもありません。

留学に行って、悲しい現実。日本人の男子は全然持てない現実も、あるあるです。

カップルの場所を選ばずイチャイチャに慣れる

海外では、そこらじゅうでカップルがイチャイチャしています。

日本と海外の文化の差でしょうが、公共の場でも気にせずいちゃつきます

最初は、慣れないで目を背けてしまいますが、だんだん慣れて何も感じなくなります。

ヘアカットが難しい

実は海外では、ヘアカットが難しいです。

海外では日本とは違い、簡単に美容師として働けてしまうためです。

そのため、周りの日本人の友達に聞き、腕の良い美容師を探す必要があります

もし、適当に美容師を選ぶと、ひどい髪型になり、しばらく写真に写れなくなります。

体重が増える

海外の脂っこい食事を食べていると、体重の増加は防げません。

日本食のヘルシーさを、改めて認識します。

ちなみに僕は、1年で12kg増えました

対策としては、ジムに通うのがベストです。

教科書が異様に高い

実は、海外の大学の教科書はめちゃめちゃ高いです。
おそらく日本の2倍とかします。

全て新品で買っていたらシャレになりません。中古で、友達から譲りうけるか、アマゾンで中古の教科書を購入しましょう。

支払いはテーブルでする

日本はレストランで食事したときは、お会計は入り口ですることが多いですが、海外ではテーブルに座ったままします。

これを知らないと、レストランで恥ずかしいですから気をつけてください。

日本のことを聞かれて答えられない

海外では皆、母国のことをよく知っています。また母国のことについて討論したりします。

そこでよく「Japanではどうなんだ?」みたいな質問をされます。

しかし、以外と日本人は日本のことを知らないので、答えることができず

I don’t knowという自分に恥ずかしくなります。

車が必須になる

海外で生活するにおいて、車はかなり重要なものです。

日本は、どこへ行くにも電車が通っていますが、海外はそうではありません。

どこかにいく時に、車があると非常に便利です。

帰国後に自然と英語を使ってる

帰国後に当たり前のように使っていた英語を使うと、日本では使わないなんてことがあります。

その場合、周りからかぶれちまったな、、、とか言われます。まあ、かぶれてるのは否定はできないのですが。

外人のお酒の強さにビビる


外人はお酒がめちゃくちゃ強いです。海外は結構ショットで飲むことが多いです。

1、2杯ではなく、ガンガン飲みます。お酒に自信がない人はあまり飲みすぎないようにしましょう

チップになれる

海外の文化の一つにチップがあります。食事とは別に15%~20%ほど払うので、高くて慣れません。

しかし海外でうごしてるうちに、チップが当たり前に感じてきます。日本に帰ってくると、めちゃめちゃ安いと感じるようになります。

服がラフになる

海外の人は、服装に気を使わないことが多いです。そのため日本人も、格好がラフになってきます。

特に女子は、ズボンを履かずにスパッツだけの、アメリカンスタイルになったりします。

授業の予習をするようになる

海外の大学はとにかく授業の予習で時間を使います。

日本では、授業に予習なんてあまりしませんが、アメリカの授業スタイルに慣れ予習をしっかりするようにします。

と言うより予習をしないと、単位を落としてしまいます

高いが日本食を食べにいく

日本食は、やっぱり故郷の味。しばらく海外の食事を食べると日本食を食べずにはいられません。

海外で日本食は非常に高いですが、値段を気にしてなどいられません。特にラーメンと寿司屋はめちゃめちゃいくようになります。

アメフトに興味を持つ

日本で有名なスポーツといえば、野球とサッカーですよね。海外ではアメフトがめちゃくちゃ人気です。

日本では馴染みのないスポーツですが、いつの間にかアメフト知識がつくようになっています。
僕のホームステイ先も毎日、テレビはアメフトの試合でした。

バスを降りるときは引っ張る

バスの降り方も日本と海外では異なります。アメリカでは、バスの中に紐があります。

それを引っ張ることが次おりますの合図です。

日本の良さを痛感する

留学をすると、日本の良さを再認識します。

海外に留学すると、日本での常識が通用しません。国によっては驚きの習慣がたくさんあります。

普段とは違う生活を送ることで、日本で送っている何気ない生活の素晴らしさを確認することができます。

中国人だと思われる

留学する場所はたくさんがありますが、どこにでもいるのが中国人です。
世界中どこに行っても、中国人はたくさんいます。

それもあり、世界の人は、アジア人のことを見ると中国人と思い込みます。

彼らには、アジア人の見分けをつけることができません。

悪口ではないので、ちゃんと日本人と伝えましょう

英語の夢を見て喜ぶ

留学経験者は英語の夢を見ると、とても喜びます。

なぜなら、英語の夢を見れるってことは、英語が上達した証拠だからです。

もし、留学経験者に聞けば、みんな英gの夢を見たことがあるはずです。

日本人と海外を比較する

海外にあって、日本にない物や知識があると、留学生はすぐに「これだから日本人は〜」と言い出します。

日本も大好きなので、悪気があるわけではありませんが、すぐに海外と日本を比べる癖が出てきてしまいます。

留学先で日本人を見つけると意識する

留学先で、ばったり日本人らしき人に会うと異様に気になってしまいます。

「たまたまここであったけど、同じ学校かな、何しにきてんのかな」

日本以外で、たまたま見つけたら気になりますし、日本人なので親近感がわきます

防犯に気をつけるようになる

日本は安全な国です。財布を落としても、何もとられずに、かえってくるなんてこともあります。

しかし海外はそうではありません。治安が悪い国もたくさんあります。少し目を離したすきに、盗まれることもあります。

その環境下で、生活していると防犯に対して、意識が高くなります。

友達のSNSでホームシックになる

留学に行くと楽しい生活が、待っています。

新しいことばかりで、毎日が最高に楽しいですが、SNSを見るとふとホームシックになります。

SNSを開くと、フォローしている友達の多くは、日本人です。日本の楽しい生活を見ることで、ホームシックになります。

汚い英語を使うようになる

留学すると、現地の英語を学びます。

学ぶ英語は綺麗で正しい英語だけではありません。
中には、汚い英語も学びます。

特に現地の若者は、よくbad wordを使うので、地然と覚えてしまいます。

具体的には、「Fu◯k」や「Shit」などのワードを頻繁に、口にするようになります。

まとめ

いかがでしたか。留学生あるある。国によって微妙に異なるかもしれませんが、日本と海外には多くの違いがあります。

面白いですね。ではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

総合商社勤務。 趣味でブロガー/ 英語インスタアカ運営とかしてます。 面白いと思ったら、とことんはまるマンです。 理想の社会人目指して呟きまくります。