【就活生は要注意】面接で絶対に言ってはいけないNGワード8選!


こんにちは。就職活動の面接って大変ですよね。
就活生も少しでも、面接を勝ち抜く方法を知りたいと思っているのではないでしょうか。 

今回は面接では言ってはいけないNGワードを質問別にまとめました。

この記事のポイント

  • 面接では、漠然としたワードを使うな!
  • 考えが、しっかりしてるならNGワードも使える

なぜ就活でNGワードがダメか

そもそもなんでNGワードと言われるものが存在するのでしょうか?
面接官の気持ちになってみると、わかります。彼らは何百人、いや何千人の就活生の相手をしています。 

そうすると就活生がいう薄っぺらいあるある発言をよく聞くことになります。彼らからしたら、「はいはい。またそれね。どうせそんな深く考えてないでしょ。」って感じです。
※これは完全な僕の予想です 

ただ僕はこのワードを言った瞬間に、ここぞとばかりに面接官が攻めてくるのを感じてきました。
なので、これから紹介するNGワードは極力言わないほうがいいと思います。
※NGワードを使ったほうが良い場合もあります。それは最後に書いてあります。

質問 就活の軸は?

1.成長したい

これは僕の中では、言ってはいけない言葉No.1だと思います。笑
この言葉は本当によく聞きますね。
だって就職して、なんか漠然と成長したい!って思うのって当然ですよね。笑
ただこれを言うと、だいたいこう返されます。
 
で、君にとっての成長って何?
会社は君が成長する場所じゃないよ
 

知るか!って感じなんですけど。笑
咄嗟に出てくるものではないので、普段から考えておく必要があります。

2.グローバルに活躍したい

これは留学生ならあるあるですね。
「グローバルに働きたいです!!」
「日本と海外の架け橋になりたいです!」
まあもちろん、僕も含めて、留学生は漠然と思いますよね。 

グローバルって何?」 

と言われた時に注意しましょう。

ちなみに僕は以前、「本当にグローバルに働きたいならうちは大きすぎるから、何年かかるかわからないよ。」

と言われて、困りました。笑
だって、そんなこと言うけど、どの会社も大体グローバルってパンフレットに書いてあるじゃん!笑

3.裁量権大きい仕事をしたい

どうせ働くなら、裁量権の大きい仕事したいですよね。
そりゃ、小さい仕事より大きいほうがいいはずです。 

裁量権が大きいって何?」 

場合によっては、大きい小さいではなくて、全ての仕事が大事だけどとかってきます。
要注意です。

4.自分のバリューを最大限に発揮したい

これはコンサルなどで多いかもしれませんね。
自分の力を試したい!自分に自信のある系の発言ですね。笑
 
君のバリューってなに?」 

まあ、社会人からすれば、学生がこんなこと言ってたら、なめるなよ!ってなりますよね笑。

あとは、僕はお金もらってるんだから、入社1日目からバリューを発揮するのは、当たり前だよね。って言われました。

まあ、使わないほうがいいですね、

質問 志望動機はなんですかか

5.人に価値を提供したい

仕事を通して何がしたいかと考えた時に、究極にはここに行き着くことが多いかもしれません。
 
価値ってなに?
それはうちの会社で出来るの?」 

価値はあまりにも、定義が曖昧で広い言葉ですね。
これは、価値の定義を1から説明して納得してもらうのは至難の技です。

6.日本のプレゼンス向上に貢献したい

これはそもそも、、、、、、、、、、いや嘘だろ!!ってなりますよね。笑
 
なんで、そう思うの?
 
と聞かれますが、当然ですね。日本のプレゼンスあげたいとは普段生活してて、感じることはありませんよね。笑
よくネットにこれは載っていますが、使ってはいけないNGワードだと思います。

7.仕事を通して、社会貢献したい

社会貢献がしたいこと自体は立派ですし、大切な考え方です。
しかし、あくまで企業で重要なことはいかに利益をあげてくれるかです。
社会貢献のことばかりアピールすると
 
社会貢献はわかったけど、もしかしたら全然関係ない仕事になるかもしれないよ。ボランティアすれば?」
 
と言われかねません。気をつけましょう。

質問 強みはなんですか

8.強みはコミュニケーション能力

話すことに自信がある人は自分はコミュニケーションが強みだ!
と言う人も多いと思います。
しかし、面接官の方からすると
 
コミュニケーションって何?
 
となります。知らない人と打ち解ける力なのか、みんなを盛り上げる力なのか
たくさんの意味合いがあると思います。そこをはっきりしていないと、面接官は困ってしまいます。

NGワードを使っても良い場合もある

いくつかNGワードを紹介しましたが、共通しているのは全て曖昧な言葉だということです
曖昧な言葉を使っていると、あまり深く考えずにその言葉を使っている場合が多いです。
なので面接官から言葉の意味を深く聞かれると多くの学生は答えることができません。

しかし、NGワードを使っても大丈夫ば場合があります。
それは使っている言葉の意味を深く考えている場合です。
深く考え、面接官に何を聞かれても問題がないと自信のある人はNGワードを使ってみてください

まとめ

曖昧な言葉を使うと、面接官はすぐに突っ込んできます。
具体的にイメージしづらい曖昧な言葉はNGになりやすいです。
曖昧な言葉を使用する際は、しっかりと考えてから使うようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

総合商社勤務。 趣味でブロガー/ 英語インスタアカ運営とかしてます。 面白いと思ったら、とことんはまるマンです。 理想の社会人目指して呟きまくります。