大学生は卒業旅行で絶対にアフリカにいくべきだと思う!


大学生の卒業旅行はどこに行こうか迷いますよね。

大学生にとって卒業旅行は最後のビッグイベントです。

そんな大学生に僕は声を大にして言いたいです。

大学生の卒業旅行はアフリカにいくべき

僕はバックパックや留学、旅行を通して、一通り大学生がいきそうな旅行先は全ていきました

だからこそ自信を持って皆さんに、アフリカの卒業旅行を勧められます。

今回は、大学生は卒業旅行で絶対にアフリカにいくべき理由を紹介します。

大学生の卒業旅行でリゾートにいく必要ある?


大学生の卒業旅行って、どこを思い浮かべますか?

おそらく一番多いのが、ハワイ、バリ、グアムなどのリゾート地が多いのではないでしょうか。

でも僕は思うんです。リゾート地に卒業旅行でいく意味ってありますか

だってそこらへんのリゾート地って、社会人になっても頻繁にいく機会がありますし、お金を貯めた社会人の方が豪遊して楽しめます。

しかも社会人で取れる休みの範囲で、十分にいけてしまいます。

逆に大学生の卒業旅行でリゾート地にいく意味がわかりません

強いていうなら、可愛い彼女といくならリゾートにいきます。笑

あとは最近はやりの、インスタ映えがしたい!って人なら心配ありません。

アフリカは自然がすごすぎて、どこでもインスタ映えしてしまいます。

この写真とかインスタ映えすごくないですか?

卒業旅行でアフリカは意外と安く行ける


アフリカのことをよく知らない人は、お金がかかりそうだからいけないと思うかもしれません。

しかしそんなことありません。

アフリカは航空券だけなら、10万円前後あればいけてしまいます。

ヨーロッパにいくよりも安いですし、ハワイにいくのと同じくらいの値段です。

現地のツアーでも、高すぎて参加ができないなんてことはありません

アフリカの治安は思っている以上に悪くない


日本人の固定観念に、アフリカはめちゃくちゃ危険みたいな考え方がありますよね。

確かに危ない地域もたくさんありますが、アフリカって言ってもかなり広いです。

約50カ国ほどあります。

僕が行った国は、南アフリカ、ナミビア、ボツワナ、ザンビア、ジンバブエの5ヵ国です。

確かに夜になると危ないですが、それ以外は基本的にタクシーを使うなどすれば全く問題ありません

僕は1ヶ月ほど滞在していましたが、一度も危ない目には合いませんでした

またアフリカには多くの観光客が訪れます。ヨーロッパからは人気の観光地の一つです。

有名な観光地にいけば、危ない目に会う心配も少ないんです。

僕が卒業旅行にアフリカを勧める理由


さてここまでで、卒業旅行にリゾート地にいく理由はなくなったと思います。笑

僕がなぜここまで卒業旅行にアフリカを勧めるのかを説明していきたいと思います。

今まで感じたことのない大自然を体感できる


アフリカには、他の国にないすごいところがあります。

それが自然です。

野生の動物が見れるサファリ、見たこともないほど大きな砂漠、地平線まで続く大自然、見たこともない数の星。

今までの人生で関わったことのないレベルの自然がそこには待っています。

感動することはいうべきもありません。

自分の価値観が変わる


アフリカにいくと価値観を変えることが出来ます。

アフリカという独特の国の雰囲気、そして独自の文化。これは他の地域では感じることが出来ません。

リゾート地なんて、行ってもたかが知れています。楽しかったで終わりでしょう。

人生の中で、何回価値観が変わったと感じたことがありますか。

アフリカにいけば、価値観が変わるでしょう。

とりま卒業旅行はアフリカに行こうぜ!

いかがでしたでしょうか。

今回は、大学生は卒業旅行で絶対にアフリカにいくべき理由を紹介しました。

卒業旅行でアフリカにいくのは、少し気が引けてしまう人が多いかもしれません。

しかしリゾート地でのんびり遊んでいるよりも、何倍も楽しいですし、多くのことを学ぶことが出来ます。

大学生のみんな!

とりま卒業旅行はアフリカに行こうぜ!



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。