【TOEIC650点→800点】3か月で確実に点数をあげる勉強法。


TOEICで800点以上を取りたい。でも勉強法がわからない。

そんな悩みを持つ英語学習者の人は多いのではないでしょうか。

TOEIC800点といえば、英語の上級者として認められます。

しかしその分TOEIC800点の壁は、かなり厚いです。

出来れば、最善の方法で最短でTOEIC800点を取りたいですよね。

僕はTOEIC650点から800点まで、3か月でTOEICの点数をあげました。

今回は僕がしていたTOEICの勉強法をみなさんに紹介します。

勉強前はTOEIC650点

僕はいきなりTOEICを受けて、TOIECが650点だったわけではありません。そんなハイスペなわけありません。

大学に入学した当初は、TOEIC380点でした。

もしTOEIC650点以下の方は、下記の記事を参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【TOEIC435点→650点】1カ月で点数を爆上げした勉強法

2017.08.21

しかし留学にいきたかったので、さらに英語力をあげる必要がありました。

あまり時間はありませんでしたが、TOEIC800点くらいは取れれば、英語中級者を脱することができると思い、TOEIC800点を取ることを目標にしました。

TOEIC650点のレベル

まず前提としてはじめのTOEICの点数は650点でした。

点数配分としては下記の通りです。

TOEIC650点
リーディング 300点
リスニング 350点
合計 650点

TOEIC650点は正答率でいうと約6割~7割程度です。

そう聞くとかなりわかっているように聞こえますが、英語の能力としては高くないです。

リスニングのPart3,4は全然理解せず適当にマークしていますし、リーディングは最後の15問くらいは解き終わらないので適当です。

まず僕は最初に、TOEIC800点にするために何が足りないのかを分析しました。

TOEIC800点を取るために何が足りないのか

適当に勉強しても、あまり伸びない気がしたので、何の能力が足りないのかを考えました。

ここで分析して、それを補えるような勉強をすればTOEIC800点を取れると思っていたからです。

僕が分析した結果は下記の通りです。

TOEIC800点までに足りないもの
・単語力が足りない
・読むスピードが遅い
・英文法力が低い
・リスニングに慣れていない

単語力が足りない

TOEIC800点のレベルの英語力はおよそ5000~6000語と言われています。

この単語量は、英語のラジオや新聞で使われる単語量と同じです。こう考えるとTOEIC800点のレベルがいかに高いかわかりますね。

まずTOEIC650点の僕は、圧倒的に単語量が足りませんでした。

本来は理解して正解できるはずの問題も、単語がわからないせいで落としています。その現状を改善する必要がありました。

読むスピードが遅い

まず圧倒的にリーディングの力が低かったんです。

最後まで毎回解き終わることができずに、15問くらいは適当にマークしているんです。

その時点で15/100の点数は取れないわけです。

リーディングの力を伸ばす必要がありました。

英文法力が低い

TOEIC650点だとある程度文法は出来ます。

できるんですが、中途半端に出来るんです。

基本的なものは正解できますが、少し発展すると間違えます

TOEIC800点になるには、発展問題でも正解が出るような状態にする必要がありました。

リスニングに慣れていない


リスニングに関しては、まずリスニングの習慣を作らないといけないと思いました。

Part3,4のような少し長文になると、一気に分からなくなってしまいます。

Part1,2のような短文は聞き取れるんです。

しかしTOEIC800点を取るには,Part3,4でも点数をしっかり取る必要があります。

つまり普段から、英文を聞き慣れる必要があります。

毎日英語を聞く習慣をつけようと思いました。

TOEICの英語学習時間と期間

3か月でTOEICを150点もあげるなんて、めちゃくちゃ勉強していると思われるのですが、実は勉強づけというわけではありません

僕の学習時間と期間は下記通りです。

学習期間と時間
学習期間 :3ヶ月
学習時間 :1時間半/1日
合計勉強時間 :135時間

いろいろな体験談を見ると、ものすごい勉強している人がいますが、僕は毎日約1時間半しか勉強をしませんでした。

というのも英語学習で大事なのは継続だと思っていたので、自分が毎日絶対に出来る範囲でやろうと決めました。

これは学習法が良かったのだなと感じています。

その結果3ヶ月後のTOEICの点数は下記のようになりました。

TOEIC800点
リーディング 375点
リスニング 425点
合計 800点

3か月でリスニングもリーディングも、バランスよく点数を伸ばすことができました。

僕がしていたTOEIC勉強法

では具体的に僕がどのような勉強方法で、TOEICを3ヶ月で150点あげたのかを紹介していきます。

僕はリーディング、文法、リスニングに分けて勉強をしていました。

TOEIC800点までの勉強法
・TOEIC英単語の勉強/15分
・リーディング勉強法/25分
・英文法の勉強法/20分
・リスニング勉強法/30分

TOEIC英単語の勉強/15分

TOEICの英単語は毎日15分行いました。

僕が使っていたのは、TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズです。

オススメの英単語教材

金のフレーズはとても有名で、知っている人も多いと思います。

何よりもTOEICの点数ごとに、英単語が載っているので勉強がしやすいです。

僕はTOEIC860点の英単語までを、完璧にしようと思い3周しました。

英単語の勉強は家でやる気がでなかったので、電車の時間で勉強するなど工夫していました。

英単語の勉強法は色々ありますが、僕がオススメなのは下記の勉強法です。参考にしてみてください。

英単語の覚え方にはコツがある!誰にも教えたくない最強の暗記法

TOEICリーディング勉強法/25分


まずリーディングの勉強法ですが、僕はリーディングに関してTOEICの勉強をしませんでした。

なぜならTOEICの文章の例題を、読み続けるのはつまらないからです。

どうせ英語の文章を読むなら、楽しく英文を読みたいと思いました。

そこで何かいい英文はないかなと思っていたところ、僕が見つけたのが、ウォールストリート・ジャーナル日本版
でした。

簡単に説明すると、アメリカで超有名なオンライン新聞です。

新聞なら、毎日内容も変わりますし、読んでいて面白かったです。アプリもあるので気軽に読むことが出来ます。

ここでポイントは自分の興味のあるトピックを読むことです。

自分に関係のない英文は難しくて読めません

僕は金融のことに興味があったので、経済や金融のニュースを読んでいました。

しかも嬉しいのが、3か月購読しても100円なんです!

100円って、ジュースも買えませんよ。笑

めちゃめちゃ安くて、毎日読んでいるとリーディング力もめちゃくちゃ上がるのでオススメです。

3ヶ月100円の英語新聞はこちら


TOEIC英文法の勉強法/20分

TOEICの英文法に関しては、非常にありきたりですが、TOEICの参考書を使っていました。

目標はPart5,6の文法問題で、8割の点数を取ることでした。

勉強している内に気づいたのが、英文法は完全に慣れの問題だということです。

同じような問題がでているため、やれば答えがどんどんわかるようになります。

この教科書は、間違えたところが丁寧に解説されていますしオススメです。

この教科書を3周したころには、英文法の問題で間違えることはあまりありませんでした。

TOEICリスニング勉強法/30分

リスニングの問題点は、聞き慣れていないことでした。

しかしリーディングと同じで、リスニングしていても面白くないんですよね。

何かTOEICに特化していて、面白いリスニングはないかなと探しました。

僕が使っていたのは、スタディサプリ ENGLISH
でした。

スタディサプリ ENGLISH
にはTOEIC対策コースがあります。

このコースでは、キャラクターとストーリーを進めたり、英語教師のプロの動画が見放題だったり、模試が時放題だったりと気づいたらTOEICの能力を伸ばすことが出来ます。

TOEICに必要な、英単語、リスニング、スピーキング、ディクテーションの能力を全てつけることが出来ます。

全てのコンテンツが毎月更新されるので、どんどん知識をつけることが出来ます。

1日あたり約83円ですが、様々な教材を買うよりも全然安いと思います。

合わせて読みたい

【スタディサプリEnglish TOEIC対策コース】の評判と使い方。

2017.12.04

しかも今登録すると、Amazon5000円分をもらえることができます。

これだけ美味しい話はないですね。

気になる方は、1週間の無料体験があるので、試してみてはいかがでしょうか。

無料体験ではお金は取られません。

1週間の無料体験はこちら


3か月TOEIC学習を継続させよう


いかがでしたでしょうか。

今回は、TOEIC800点に3か月で点数をあげる勉強法を紹介しました。

僕の勉強法を試してみたい人は、是非実践してみてください。

TOEICを勉強するにあたり、一番大切なのは継続です。

僕は勉強時間は少ないですが、継続して勉強しました。

誰しも勉強を始めることは出来ますが、継続が出来ません。

途中で挫折することなく、頑張ってください。

では。



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。