就活で内定が決まらない人の共通点と対策法を教えます。


何でか分からないけど、就職活動で内定が決まらない。早く内定が欲しい。

こんな風に悩む就活生はいると思います。

就職活動で内定が決まらないと焦りますよね。周りは◯個内定があるとか話だした日には泣きたくなります。

そして内定が決まらない時に一番辛いのは、シビアな就職活動では相談は中々出来ません。

しかし内定が決まらないままにしていては、とても危険です。

なぜなら内定が取れないままだと、負の連鎖が止まりまらなくなるからです。

今回は、就活で内定が決まらない人の共通点と対策法を紹介していきます。

就活生の内定数は平均2.5社


就活が決まらないと悩む学生はたくさんいますが、最近の就活は売り手市場で、内定が決まりやすいのが現状です。

下記の記事では、就活生の内定数は平均2.5社という調査結果が出ています。
就活学生の内定数、過去最高の「平均2.5社」に

1社だけでなく、2社以上の内定を平均して保持していることなります。超売り手市場ですよね。

内定が決まらないで嘆いてる大学生には、そんな現実を知るのは辛すぎますよね
合わせて読みたい

就活に不安を感じている人へ。焦りや怖さを無くす解決法

2017.11.17

就活で内定が決まらないには原因がある


平均で2.5社の内定がもらえる人がいる一方、就活で決まらない現実がある学生がいます。

しかし同じ人間です。就活が決まらないには決まらない原因があります

僕も就職活動で友達や後輩と話をしていると、なんとなく就活で内定が決まらない人の原因が分かるものです。

就活で内定が決まらない原因が教えてもらえない


しかしこの原因は人から教えてもらえることは普通ありません。

もちろん内定が決まらない相談なんてされることはありませんし、聞かれてもないのに言ったら険悪なムードになるので言いません。

このことからも分かるように、内定が決まらない人には、なんで内定が決まらないかアドバイスなんて普通してくれないわけです。

だってそれで友達から嫌われるの嫌ですからね。

プライドを捨てて、なんで内定が決まらないのか相談出来れば問題ありませんが、中々そんなこと出来ないでしょう。

つまり自分自身で何が原因なのかを探って、改善していかなければいけません

原因を突き止め改善していくことが、内定をgetするための近道です。

自分の原因をしっかり突き止め、修正し改善していける人間が内定をもらえるんです。

自分に何が足りていないのか、どう改善できるのかを考えてみましょう

就活で内定が決まらない人には共通点がある

就活で内定がもらえない人の共通点はある程度同じです。

ここでは僕が感じた内定が決まらない人の共通点と改善策を紹介していきます。

自分が何に当てはまるのか、しっかり考えて実践してみてください。

内定が決まらない4つの特徴
・自信・覇気がなさそう
・有名企業しか受けてない
・孤独な就職活動をしている
・就活のやり方が間違っている

それではそれぞれについて見ていきましょう。

自信・覇気がなさそう


一番多いのが、自信がなさそうです。

本人が気づいてないかも知れませんが、自信がなさそうなのは一瞬で伝わってきます。

内定が決まらないので、自信がないのはわかりますが、それではダメです。

あなたが人事なら、自信がない学生を取りたいとは思いませんよね

周りの就活生は絶対に受かってやるという意気込みできています。そんな中自信で負けてたら、勝てるはずありません。

自信があると、自然とハキハキ元気よく話せ、相手にも好印象を与えます。

そんなことかと思うかもしれませんが、就活で第一印象はとても重要です。

自信がない時の解決法

自信がないとき、そんな時は自信をつければいいですよね。

なぜ皆さんに自信がないのかわかりますか?
それは内定を決められないからです。

内定が一つでも決まると自然と「俺でもできるんだ!」と自信が出てきます

まず1つ内定を取りましょう

合わせて読みたい

就活解禁前に内定を取れ!内定がある重要性を解説します。

2017.12.06

それが出来れば苦労しないと思うかも知れません

しかし大手企業ではなくていいんです。どんな企業でもいいので内定を取りましょう

もし行かないとわかってても、それは自信になり、他の就活でも活きてくるんです。

ここではオススメの即日内定イベントを紹介します。

1つのESで最大8社のベンチャーの選考を受けられます。丁寧にサポートもしてもらえるのでオススメです。

即日内定イベントはこちら


有名企業しか受けてない

就活生の中には、有名企業しか受けていない人がいます。

これはこれで自分に自信があっていいのですが、とてもリスキーな選択です。

有名企業は倍率が100倍を超えてきます。内定をもらえるだけでもかなりの奇跡です。

またいきなり大手企業の面接を受けても、自己分析、ES、面接に穴が出てしまいます

ベンチャーや中小も受けて、しっかり就活の練習をしましょう

合わせて読みたい

就活で成功する人の共通点!◯×◯×◯で100人に1人になること

2017.09.04

有名企業しか受けない時の解決法

有名企業しか受けていない人は、様々な人事と話してみましょう

狭い視野で、自分の知っている企業しか受けないのはとてももったいないです。

世の中にはたくさん企業があります。

しかしそんなことするのがめんどくさいと思うでしょう

そんな人にはニクリーチがオススメです。

ニクリーチは食事をしながら、人事と話すことが出来ます。

つまりただ飯できるんです。しかも登録しておくだけで企業から連絡がきます

ただ飯で人事と話をして、視野を広げてみてください。

ニクリーチの登録はこちら


孤独な就職活動をしている


就職活動は、一種の情報戦です。

そんな中一人だけで、孤独な就活をしているとかなり辛いです。

一人だけでは、入ってくる情報量もかなり限られてきてしまいます

しっかり周りの友達と情報交換をして、就職活動の情報を仕入れておきましょう

合わせて読みたい

【就活のおすすめ本】内定達人が絶対に買うべき本をテーマ別に厳選!

2017.08.08

孤独な就活をしている時の解決法

孤独な就職活動をしている人は、友達と情報交換をしてみましょう。

就活中の友達に連絡してみてもいいですし、飲みに誘ってみるのも一つの手です。

おそらく自分の知らない情報をたくさん知ることができるでしょう。

それ難しい人は、OB訪問をするのも一つの手です。

OBは会社から内定をもらった、いわば就活の先輩です。

OB訪問をして、気になる会社の情報を聞いてみてください

オススメのOB訪問サービス


就活のやり方が間違っている


そもそも就職活動のやり方が間違っている人は多いです。

ESに魅力がない、面接が下手、自己分析が甘いなどがあります。

しかし大体の場合は、誰も教えてくれないので気がつきません

一度自分の就職活動を見直して、改善してみましょう。

就活のやり方が間違っている時の解決法

就活のやり方に不安がある人は、第三者に相談してみましょう。

しかし就活全部を相談するとなると、中々出来ませんよね。

そこでオススメなのが、就職活動のプロに相談してみることです。

僕がオススメなのが、人材ドラフトです。

就活生を対象に無料の就活相談、セミナーを行っています。

相談してみて、自分の就活の何に問題があるのか相談して聞いてみましょう

就活のプロなので、欠点を見抜いてくれるはずです。

無料就職相談はこちら


内定が決まらないなんておさらばしよう

いかがでしたでしょうか。

今回は、就活で内定が決まらない人の共通点と対策法を紹介しました。

自分が何がダメで、実際に行動に移すことはあなた自身にしか出来ません。

就活は大変ですが、重要な問題です。

しっかり準備して、内定が決まらないなんて悩みからおさらばしましょう。

では。



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。