【商社内定者が教える!】総合商社から内定をもらうためにすること


「総合商社に入りたい!内定をもらうためには何をすればいいんだろう。」

商社志望の学生は心の底から、そんな悩みを持っていますよね。

僕も総合商社から内定をもらうまでは、不安で仕方ありませんでした。

就職活動で100%受かるということはありえません。しかし万全な準備をしておくことは出来ます。

就職活動が本格的に始まる前に、しっかりと準備をしておきたいです。

今回は内定をもらった僕が、総合商社から内定をもらうためにするべきことを時系列順に紹介していきます。

自己分析とESを早めに終わらす(11月~12月)

就職活動が始めると、最初にしなければいけないことは自己分析とESです。

この2つは就活解禁前の11月~12月には終わらせてしまいましょう。

なぜ自己分析とESを先に終わらすのか。それは就活解禁前に、就活を始めるためです。

就職活動を先に始めると何がいいのか。答えは、就職活動に慣れ、修正をすることができます

最初から自己分析やESが完璧な人などいません。様々な企業を受けてみて、どんどん修正していく必要があります。

経団連に所属する企業は日程を守っていますが、ベンチャー企業や外資系企業はそれよりも前の1月~3月に内定を出します。

これらの企業を受けるためにも、早めに自己分析とESを行いましょう。

合わせて読みたい

就活は自己分析で決まる!オススメのやり方を紹介します。

2017.11.15

【例文あり】就活で受かるESの書き方を徹底解説!

2017.11.13

内定直結イベントで面接ノックをする(12月~3月)


自己分析とESが終わったら、次は面接を受けまくりましょう

12月~3月にかけては、経団連に入っていない企業が、就職活動の面接して内定まで出してくれます。

内定が出るイベントに参加しまくり、面接ノックを受けましょう

面接をたくさんすると、人事からされる質問がわかってきます

僕もそうでしたが、面接慣れをすると次第に面接で聞かれることが全てわかるようになってくるんです。

自分のダメなところもわかり、その都度修正することができます。

商社は面接の時間が少ないので、いかにしっかり就職活動の準備をしてきたかが出てしまいます。

この時期に面接を受けまくり、自分の自己分析、ES、面接力に磨きをかけましょう。

オススメは1日で多くの企業の選考が受けられるイベントに参加することです。面接ノックで、面接に慣れましょう。

オススメの内定直結イベントはこちら


こちらはオススメの即日内定イベントで、最短で1日で内定が出ます。

1枚のESで8社もの企業の選考を受けることが出来ます。

オススメのイベントなので、是非練習台に使ってみてください。

合わせて読みたい

【就活面接対策】面接を攻略するための4つのポイント

2017.11.14

外資系企業で内定をもらっておく(1月~3月)


ベンチャー企業などで面接を受けたあとは、外資系企業の選考も受けておきましょう

というのも、商社から内定をもらっている人は、外資系企業からも内定をもらっているケースが多いです。

志望動機なども似た部分も多いですし、受けやすいのだと思います。

外資系企業は大量採用かつ、似た業種の会社がたくさんあります。ここで内定をもらうことは、就活本番の腕試しを言えるでしょう。

いわば商社志望者にとっての登竜門です。

外資系企業の選考は1月~3月くらいまでには終わります。

ここで内定をもらって、就職活動の本番を迎えましょう。

外資系企業から内定をもらうと自分に余裕が出来ますし、自信にも繋がります。

合わせて読みたい

就活解禁前に内定を取れ!内定がある重要性を解説します。

2017.12.06

筆記試験対策をする(1月~3月)


さて商社と言えば、筆記試験の関門があります。

多くの学生がこの関門に阻まれ、面接に行く前に残念な結果になってしまいます。

企業によってボーダーは違いますが、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

合わせて読みたい

【5大商社】総合商社志望の最難関!元受験者がWEBテストを徹底解説

2017.07.11

早慶や国立の大学生でも、多くの学生が筆記試験で落とされています

事前に勉強し、1月~3月には筆記試験の勉強は終えておきましょう

OB訪問をする(1月~3月)

商社でよく大切だと言われるのがOB訪問です。

すごい人だと何十人とOB訪問をする学生もいます。

OB訪問をすればするだけいいというわけではありません

しかしOB訪問をしていた方が受かるのは事実だと思います。

商社はやっていることが広いので、OB訪問をしないと実際の業務や会社の雰囲気はわかりづらいです。

またOBの数は決まっているので、OB訪問は学生同士の取り合いになります。

1月~3月のうちに終わらせておきましょう。

僕のオススメのOB訪問サイトはビズリーチ・キャンパスです。

めんどくさいOBの連絡先探しや連絡をせずに簡単に企業のOBを見つけることが出来ます。

合わせて読みたい

OB訪問はビズリーチキャンパスがおすすめ!使い方と評判まとめ

2017.11.29

またこのサービスのいいところは、初めに大学やサークル、ゼミを登録するので自分との共通点も見つけられます。

OB訪問にはオススメのサービスです。

ビズリーチ・キャンパスはこちら


志望動機を固める(2月~3月)

就職活動が解禁する3月の前に、商社の志望動機を決めましょう

商社の面接で毎回聞かれる質問は、志望動機です。

志望動機がおかしいと、必ず面接で突っ込まれます。

ただ中々面接官が納得する志望動機を作るのは難しいです。

オススメはOB訪問の際に、志望動機の添削をお願いしてみることです。

志望動機は必ず聞かれます。深く掘られても問題ないように、様々な質問を想定しておきましょう。

5大商社の違いを理解する(3月~4月)

OB訪問や企業の説明会などを通して、5大商社の違いを理解しておきましょう

志望動機と同じく、なんで弊社なのかの質問も毎回されます

正直商社のビジネスモデルはどこも同じです。

大事なのは、その中で各社の社風や文化に違いを知っておくことです。

ESを提出する4月よりも前に、5大商社の違いをしっかり言葉で言えるようにしておきましょう。
合わせて読みたい

就活の業界研究はこれで完璧!オススメのやり方はこれだ!

2017.11.19

面接対策をする(4月~5月)

ここまで準備ができれば、あとは面接をするのみです。

4月~5月にかけては、様々な企業の選考や説明会に行き、本番に備えましょう。

商社は倍率が高いので、受かるとか限りません。

しっかり落ちた時のことも考え、自分がいく企業を他に受けておきましょう。いわばリスクヘッジです。

しかし商社は普通6月1日から面接が始まります。

4月5月は他の企業を受けて、面接対策に磨きをかけておきましょう

合わせて読みたい
【例文あり】就活の面接は最初の1分30秒で結果が決まる。何を話せばいいのか教えよう。

総合商社の面接をする(6月1日)

ここまでくればあとは面接をするのみです。

しかし面接予約をする際に気をつけなければいけないことがあります。

それは6月1日に面接を予約しましょう

商社の面接は、どんどん優秀な人材から内定が出されていきます。

早めの選考の方が有利だと言われています。

商社の選考は短期決戦です。6月3日には多くの学生が内定をすでにもらっているでしょう。

この3日間は勝負の3日間です。

総合商社の内定が欲しい人にオススメ

大学の成績がGPA1.8で、総合商社から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、MBAでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏で就活本を販売しています。

実は僕は就活で、この石坂氏からオリジナルの就活フレームワークを教わり、実践することで数多くの内定をgetすることが出来ました。

その就活のノウハウをこの本では、全て書き下ろしています。

ノウハウは100名以上の教え子を、有名な企業に合格させてきました

過去4年間のMARCH、関関同立の内定実績は日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

今なら無料で読む方法がある

この本は500円で販売していますが、ある方法を使うと無料で読むことが出来ます

それはkindle unlimitedの無料体験をすることです。

この本はkindle unlimitedの対象です(月額980円で、対象kindle作品が読み放題のサービスです。)

しかし今なら、kindle unlimitedは1カ月の無料体験が出来ます。

つまり無料体験をすれば、ただでこの本が読めるんです。

無料体験をして、本を読みすぐに退会も可能です。

1ヶ月間はお金は一切かかりませんし、退会もすぐに出来ます

kindle unlimitedの無料体験はこちら

内定達人が教える就活術はこちら

kindle unlimitedの無料体験期間は、無料で読めます。

大学の成績が低くて心配な人は、是非読んでみてください。

しっかり準備して商社の内定をもらおう


いかがでしたでしょうか。

今回は総合商社から内定をもらうためにすることを紹介しました。

最初にもいいましたが、就職活動に100%はありません

しかし適切に準備をしておくことで、その確率を1%でもあげておくことが出来ます。

是非しっかり準備して、商社から内定をgetしてください。



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。