就活解禁前に内定を取れ!内定がある重要性を解説します。


就職活動が解禁したら、第一志望群の会社から内定をもらいたい。

そのために自己分析、ES、業界分析を頑張っている。

そんな就活生は多いのではないでしょうか。

しかしあなたが一番やらなければいけないことは違います。

それは1社でも多く内定を持つことです。

僕が就活で数多くの有名企業から内定をもらえた理由は、他の会社から内定をもらっていたからです。

どういうことなのか?まだわからないと思います。

今回は僕の経験から、就活解禁前に内定を持つべき重要性を皆さんにお伝えします。

就活の最初は不安だらけ


就職活動を始めたら、まず最初にやることは自己分析、ES、業界分析などですよね。

どの就活本にもそう書いてあるはずです。その情報は間違っていません。

しかし中々自分一人でやっていたら先に進みまないですよね。

僕の場合は、まず最初に上記にあげたことをしました。

もちろんしっかり対策をしたつもりだったのですが、どこかに不安がありました。

本当にこれをしてて受かるのか、はっきりとした自信はありませんでした。

僕が2日で20社の面接をしてわかったこと


僕が初めて参加した就職活動は、ボスキャリでした。

留学生向けの就活イベントなんですが、2日間で終わるんですね。

なので2日で面接が、朝から晩までびっしりあるんです。

受けた面接は、2日で20は超えました。

初めての就職活動だったので、最初は何もわからず聞かれていたことに答えていました。

しかし面接の数をこなしていくうちに、だんだんと就活の面接のリズムがわかっていきました。

就活は実戦しないとわからない


就活のリズムがわかってくると、初めて理解したことがあります。

それは就活は実戦を積まないとうまくならないということです。

百聞は一見にしかずでした。自己分析やESなど、時間をかけてずっとやっていました。

しかし実際に、面接という実戦に出てみると、学ぶことがたくさんありました。

面接を繰り返していると、だんだん就職活動で自分ができていないこと、面接の質問、相手が何を聞きたいのかがわかるようになります。

最初から完璧に自己分析、ES、面接をできる人なんていません

就活はトライ&エラーを繰り返した人がうまくなるものだと初めてここで気づきました。

合わせて読みたい
【例文あり】就活の面接は最初の1分30秒で結果が決まる。何を話せばいいのか教えよう。

結果就活ではたくさん内定がもらえた


もちろん初めての就職活動だったので、ボスキャリの結果はよくありませんでした。

しかし実際の就職活動を通して、たくさんのことを学び、自分の中でトライ&エラーを繰り返すことが出来ました。

そして日本の就活解禁してからの僕は、内定をたくさんいただきました。

なぜならすでに練習で20社以上も面接を受けているんです。

就職活動に関する面接の受け答え、就活の軸などはすべて自分の中で答えがあります

本番の就職活動の面接には、自信を持って挑むことができました。

練習を繰り返していたからこそ、本番で力が出せたんです。

スポーツと同じですね。練習してないのに本番で結果はついてきません

もっと早くこの事実に気づいていれば、僕はもっと多くの企業から内定がもらえたと思います。

就活解禁前に内定をもらうべき3つの理由

さてここまで僕の就活の経験談を元にしてきました。

なんとなく、就活解禁前に内定を取った方がいい理由がわかったと思います。

ただ漠然としていると思うので、まとめると以下の3点になります。

就活の準備が完璧になる

就職活動で最初に誰もが行うことは、自己分析、ES、業界分析です。

確かに最初にこれらをやり込むのはとても重要です。しかしいつまでも、本番に備えて練習していても意味がありません

ある程度終えたら、就活という実践に出ましょう。

就活の面接を実際にしてみることで、自分のやってきたことの甘さや弱点に気づくことが出来ます。

事前に内定をもらうことで、自分の自己分析やESを見直しましょう

面接の質問がすべてわかる

色々な会社の面接をしていると、段々面接で聞かれる内容がわかってきます

いわゆる面接慣れします。この面接慣れはとても就活で大事なテクニックです。

落ち着いて、面接官の望んでいる答えを伝えられるかが就活で鍵です。

これができる就活生は、就活が解禁しても内定がもらえます。

その事前に内定を取ることで、その練習をしましょう

就活解禁前に自信になる

最後は精神論になりますが、就活解禁前に内定を持っていると、とても自信になります。

「そんな自信いらない」と思うかもしれません。

しかし実際に就活が始まると、もし全部落ちてしまったらどうしようという不安と戦うことになります。

その不安と戦いながら、就活本番を迎えるのはとてもプレッシャーです。

また内定を事前にとっておくと、自分の自信になります。

自信は自然とその人から溢れ出るものです。面接官にも伝わります。

自信がない学生を取ろうとは思いませんよね。

事前に内定を取り、自分に自信をつけましょう

オススメは即日内定イベントに参加すること

僕の場合は、ボスキャリで2日で20回以上も企業と面接しましたが、中々日本ではそんなチャンスはありません

そこでオススメするのが、こちらの内定直結型就活イベント
です。

こちらは1枚のESで、8社の選考を受けることができます。

学生はその場で内定を獲得出来たり、内定の一歩手前まで選考が進むこともあります。

このイベントで、年間約5000人の方が就職を決めています。

是非事前に内定をgetしてみてください。

即日内定イベントはこちら


就活解禁前の就活生にオススメ

大学の成績がGPA1.8で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、MBAでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏で就活本を販売しています。

実は僕は就活で、この石坂氏からオリジナルの就活フレームワークを教わり、実践することで数多くの内定をgetすることが出来ました。

その就活のノウハウをこの本では、全て書き下ろしています。

ノウハウは100名以上の教え子を、有名な企業に合格させてきました

過去4年間のMARCH、関関同立の内定実績は日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

今なら無料で読む方法がある

この本は500円で販売していますが、ある方法を使うと無料で読むことが出来ます

それはkindle unlimitedの無料体験をすることです。

この本はkindle unlimitedの対象です(月額980円で、対象kindle作品が読み放題のサービスです。)

しかし今なら、kindle unlimitedは1カ月の無料体験が出来ます。

つまり無料体験をすれば、ただでこの本が読めるんです。

無料体験をして、本を読みすぐに退会も可能です。

1ヶ月間はお金は一切かかりませんし、退会もすぐに出来ます

kindle unlimitedの無料体験はこちら

内定達人が教える就活術はこちら

kindle unlimitedの無料体験期間は、無料で読めます。

大学の成績が低くて心配な人は、是非読んでみてください。

就活では最初に内定をgetしよう

いかがでしたでしょうか。

今回は僕の経験を元に、就活解禁前に内定を取る重要性を解説しました。

紹介してきたように、就活解禁前に内定を持っておくことで、就活生にはメリットしかありません。

ある程度、自己分析やESができたら、面接という実践経験を積んでみてください

では。



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。