Bitcoin(ビットコイン)とは何か?超簡単に基礎知識を解説します


最近よく、Bitcoin(ビットコイン)って聞くけど、よくわかっていない。

そんな方は多いと思います。

話題になっているのは、最近ですがビットコインとは何でしょうか?

なんとなく答えられる人もいると思いますが、しっかりは説明ができませんよね。

これからますますビットコインは広がっていくでしょう。

これを機に、ビットコインの基礎知識を学習しましょう。

今回は、ビットコインとは何か?を超簡単に説明していきます。

Bitcoin(ビットコイン)とは

ビットコインとは、仮想通貨の1つです。

現在1000種類以上の仮想通貨がありますが、ビットコインとは、そのうちの1つの名前です。

では、1000種類もある中から、なぜビットコインの名前を頻繁に聞くのでしょうか。

それはビットコインが世界で始めての仮想通貨だからです。

2009年から使われ始めています。

特徴としては、ブロックチェーンの技術が使われている、管理者が存在しないなどがあります。

Bitcoin(ビットコイン)とブロックチェーンの関係性

ビットコインのワードと共にとくブロックチェーンって言葉を聞くと思います。

この二つは、よく勘違いされてしまいますが、同じものではありません。

簡単に説明すると、ビットコインを支える技術の名前がブロックチェーンと呼びます。

ビットコインと共に、ブロックチェーンの技術は誕生し、現在その技術が注目されています。

合わせて読みたい

ブロックチェーンとは何か?今更聞けない基礎知識を解説します。

2017.10.31

Bitcoin(ビットコイン)の歴史

そもそも、ビットコインは誰が作ったのでしょうか。

実は、ビットコインを発明した人はわかっていません。

2008年に、ビットコインの原型のアイデアが投稿されたのが始まりだと言われています。

最初の発案者は、ナカモトサトシという名前です。

 彼が誰なのかわかっていません。個人なのか、多人数なのか、全くの謎なんです。

ビットコイン7不思議の一つです。

初期にビットコインの研究がされている時に、ピザとビットコインを交換したのが最初の取引と言われています。

現在は1BTC(ビットコイン)が80万を超えていますが、当時はほぼ無価値だったんですね。

Bitcoin(ビットコイン)はなぜ広まったのか

2009年の1月にビットコインのシステムが始めり、一部のコアな人たちの間で取引が始められました。

始めの取引は、ピザだっとと言われています。ビットコインを導入していき、広まりました。

その中でも影響したのが、中国の影響です。

中国がなぜビットコインを関係があるのか?

それは、中国の政策が影響しています。

中国為替管理局の決まりにより、外貨買いは一人当たり年間5万ドルまでと制限されています。

しかし中国の通貨安は年々進んでいます。

そのため富裕層は、資産保有のためにビットコインを買い始めました

ビットコインは、まだ法整備が進んでいないため、外貨扱いではないんです。

そのため、中国の富裕層はビットコインを買いまくりました。

世界第二位のGDPを誇る中国ではやったのが理由で、広まって行きました。

2017年に入り、中国政府はビットコインの取引所を閉鎖させたことから、少しずつ沈静化しています。

Bitcoin(ビットコイン)のメリット

そもそもなぜビットコインは注目されているのでしょうか。

ビットコインは、通貨よりも優れている点がたくさんあります。

代表的な3点は以下の通りです。

タイトル
・送金が低コスト
・取引がリアルタイム
・ダイレクトに相手と取引が可能

送金が低コスト

送金のテストが、ものすごいやすいんです。

例えば、海外にお金を送金したいとなったら手数料で数千円はかかりますよね。

しかし、ビットコインなら海外への送金をしても数十円で済んでしまいます。

これが広がれば、今の銀行を誰も使わなくなるのは目に見えていますよね。

取引がリアルタイム

取引は、24時間365日対応しています。

ビットコインは、ブロックチェーン技術から生まれるシステムの強さから、今まで一度も停止していません。

銀行だと営業時間がありますが、いつでも取引を行うことができます

ダイレクトに相手と取引が可能

ビットコインの特徴として、仲介が必要ありません

つまり、第三者の銀行等を使わずに、相手の財布にお金を送金することができます。

仲介が入らないことは、お互いにとってとてもメリットですよね。

とりあえずビットコインを買ってみよう

ビットコインは以外と興味を持っていない人が多いですが、とても伸びています。

2017年の4月に約10万円でしたが、11月現在80万円を超えています。

約8倍です。

まずはお試しで1万円からでも投資をしてみるといいと思います。

ビットコインを少額でも自分で保有して、初めていろいろなことが見えてくると思います。

ビットコイン日本最大の取引所の登録はこちら
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。