【2019卒必見】就職活動でまず登録するべきサイトまとめ


就職活動をしているけど、どのサイトに登録したらいいのかわからない。

効率よく就職活動の情報を知りたい。

こう感じている大学生は多いのではないでしょうか。

就職活動は、情報戦とも言います。

しかし、いくら情報が大切でも、全ての就活サイトに登録していたら、把握できませんよね。

今回は、就職活動で使えるオススメのサイトを皆さんに紹介していきます。

これさえ登録しておけば、就活で困ることはありません。

僕はMARCH生ですが、就活サイトを使いこなすことで、多くの内定をgetしました。

自分に合った就活サイトを探そう

就活サイトは探せばいくらでもありますよね。ありすぎて困りますよね。

就職活動では、情報がたくさんあります。

大切なことは、その情報からいかに自分に合っている就活サイトを見つけられるかです。

どの就活サイトを使うかが重要です。

また、他の人が登録してるからと、一緒になって登録する必要もありません。

メールがたくさん来て困るだけです。就活は取捨選択も重要な能力の一つです。

しっかり自分の軸を持ち、自分に合った就活サイトに登録しましょう。

今回は、大手、逆求人型、業界分析、ES対策、特化型、OB訪問、即日内定、就活相談にカテゴリを分けてオススメの就活サイトを紹介してきます。

大手就活サイト

まずは、大手の就活サイトをみなさんに紹介していきます。

と言ってもここで紹介しているものは、有名なのですでに登録済みなはずです。

もし登録していない場合は、とりあえず登録しておくことがいいと思います。

リクナビ

リクルートが運営する新卒向けの就活サイトリクナビです。

就活サイトの中でも、TOPクラスの学生数と企業掲載数を持つサイトです。
企業情報、合同説明会、業界研究の情報も乗っています。

基本的には大手企業が多いが、中小企業もたくさん掲載されています。

マイナビ

就活生が使う2大サイトの一つであるマイナビです。

基本的には、リクナビとは変わリマセンが、リクナビにしか掲載されていない企業なども多数あります。

またサイトがとても使いやすく、個人的にはリクナビよりも好きでした。

リクナビ、マイナビ、この2つのサイトに登録しておけば、まず情報が入ってこないことはないです。

また、就活における全ての情報が掲載されています。

逆求人型就活サイト

逆求人型サイトは聞き慣れていないかもしれません。

名前の通り、登録しているだけで企業からオファーがくる就活サイトです。

「えっそんな楽な事あるの?」と感じるかもしれませんが、あるんです。

登録して、サイトごとにESを登録しておくと、企業の人事から連絡がきます。

そんなある意味”美味しい”サイトをここでは紹介します。

ニクリーチ

「ニクリーチ」は、逆求人型サイトです。

登録しておくだけで、企業からオファーがきます。

しかも、それだけではありません。

ニクリーチの名前の通り、お肉を食べながら人事と話ができるんです。

ニクリーチは、「食事×就活」です。なんのことが理解できませんよね。

つまり食事をしながら、就活ができます。もしろん無料です。

導入企業は100社を超えており、有名企業が多数あります。

食費を節約しながら、人事と話をしてみたい学生は、登録だけしておきましょう

登録はこちらから


ねっとで合説

ねっとで合説は、その名の通り会場にわざわざ足を運ばなくても、ねっとで合説に参加できます。

就活初心者や、合説に参加しておきたいと考えている学生にはおすすめです。

また企業へいいねを押すと、企業からオファーがきます。

会員登録をする事で、様々な企業の紹介動画も見る事ができます。

合説に参加したい学生、逆求人が欲しい学生は登録してみましょう

業界研究に使える就活サイト

業界研究は、就活において非常に重要です。

もし受ける企業の情報を知らずに、面接にいけばバレてしまいます。

また就活の軸を作る段階で、業界研究ができていないと入社してからこんな業界にきたくなかったと後悔する事もあります。

就活サイトを使いこなし、しっかり業界研究しましょう。

Vokers

業界研究は絶対にVokersがおすすめです。

リクナビとマイナビで基本的に就職活動に関する情報は、ほぼ全て網羅できますが、唯一ない情報が実際に働いている人の声です。

リクナビやマイナビは、少しでも多くの学生を応募させようとしているので、基本的にいい情報しか載っていません。

そこでおすすめなのが、Vokersです。

Vokersには、全て退職した社員により、書き込まれているので、実際の会社のことを知ることができます

Vokersには、入社後のギャップ、キャリア、組織体制、給与、経営陣への提言などの様々な情報が書き込まれてます。

僕はこのサイトを見て、実際の会社の内情や業界分析に役立てていました。

しかし月額1000円かかってしまうのがデメリットです。なので僕は、業界研究をする1ヶ月だけ登録していました。

是非登録して、企業のありのままの姿をみてください

ES対策の就活サイト

ESも業界研究と同じく避けては通れません。

ESで大切なのは、とにかく過去の先輩たちのESをみて、どのようなESが受かるのかを自分なりに分析し、自分のESに生かす事です。

ES対策ができる就活サイトをみて、しっかり自分のESを完成させましょう

就活ノート



就活生のリアルな情報が知りたい。過去のESがみたい!

そんな人は「就活ノート」がおすすめです。

就活ノートは、過去のES、先輩のリアルな先行情報、就活基礎知識を見ることができます。

就活のES対策をしたい方は、登録してみましょう。

登録はこちらから
就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

特化型就活サイト

特化型就活サイトとは、ある業界に特化した就活サイトです。

すでに行きたい業界がある場合は、特化型の就活サイトの方が、大手のサイトよりも詳しい情報を知る事ができます

外資就活

また、僕は外資系企業も受けていたので、外資就活を使っていました。

外資系の就活の特徴として、選考が早いです。

また、ケース問題などの独特の面接もあったりします。

外資系に特化していることもあり、外資系就活のノウハウに関しては、リクナビやマイナビよりもこのサイトを見るのが、おすすめです。

もし、外資系企業を志望してるなら、登録しましょう

Web・広告・マスコミに強いマスナビ

Web・広告・マスコミ業界に、興味がある学生は「マスナビ」がおすすめです。

Web・広告・マスコミ業界に向けて、様々な情報やセミナーを提供しています。

この3業種に興味がある人は、是非登録しましょう。

OB訪問就活サイト

OB訪問は、就職活動をしていたら絶対にします。

しかしOBって探すのがいちいちめんどくさいですよね。

大学のキャリセンに行って、連絡先を調べてメールを送る。

今までのOB訪問はそうでしたが、今はそんなめんどくさい事をする必要はありません

全てOB訪問専用のサイトで、すぐにOB訪問ができます

商社、金融はOB訪問の数も、内定getに重要になってきます。

是非OB訪問をしまくってみてください

ビズリーチキャンパス

おすすめなのは、「ビズリーチキャンパス」です。

自分の大学ごとのOBを簡単に探し出す事ができます。

また、OB・OGとのやりとりも簡単なので、めんどくさい事をせずにOB訪問できます。

就活解禁すると、OBもたくさん依頼を受けて、時間と確保するのが難しくなります。

早めのうちから、OB訪問しておきましょう

無料登録はこちらから


即日内定イベントに参加できる就活サイト

就職活動前に、即日内定のイベントに参加しておく事は非常に大切です。

本番の就職活動の練習になりますし、行く気がなくても内定を一つ持っていると自信になります。

僕も本番前に、行く気はないですが、いくつか内定を持っていたので安心して就活できました。

MeetsCompany


おすすめなのは、MeetsCompanyです。

半日で、しかも1枚のESで8社もの企業の選考を受ける事ができます

就活を始めたばかりで、面接に慣れたい人、就活本番が始める前に1社でも内定を持っておきたい人は、是非参加してみましょう

1枚のESで8社の企業の選考に受けれます。私は勇気がでなくて参加できなかったのですが、 面接の場慣れしたい人やまずは1社でも内定が欲しい方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

即日内定イベントへの参加はこちらから


就活相談ができるサイト

キャリセン

就職活動で不安がある人、誰かに相談したい人には「キャリセン」がおすすめです。

就活で、自己分析が不安、自分の強みはなんだろう、面接対策がしたい。

こんな悩みがある、学生って多いですよね。

そんな人に、おすすめなのが、「キャリセン」です。

相談から内定が決まるまで、全て無料で相談にのってくれます。

就職活動は時に不安に押しつぶされそうになってしまいます。そんな時は、誰かに相談するのが一番です。

就職活動に困っている方、周りに相談したくてもできない方は、無料個別相談をしてみましょう、

無料個別相談はこちらから
内定支援ならキャリセン就活エージェント

受ける業界を事前に決めよう

ここまで、おすすめの就活サイトを紹介しました。

どの就活サイトを使えば正解というものは存在しません。

自分にあった就活サイトを使いこなしましょう

また就活サイトを使う際の注意点として、行きたい業界を絞っておくことです。

例えば、コンサル一つとっても、ものすごい数の会社があります。全ての説明会なんていけません。

ある程度業界を絞らないと、就活ではわけのわからないことになってしまいます。

就活解禁前に、しっかり自己分析、業界分析は終わらせておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は実際に僕が就活で使用していた、サイトを紹介しました。

以外と少ないじゃんと思った人も、多いと思います。

就活で一番大事なのは、就活サイトからメールをもらうことではありません。

しっかり、情報の取捨選択をしていきましょう。

では。



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。