【時間の無駄してない?】OB訪問の正しいやり方を教えてあげる。


突然ですが、OB訪問の正しいやり方って知ってますか?

「とりあえず、話聞いた方がいいからOB訪問するかー。」

こんな感じで話を聞きに行ったりしてませんか?

それ、マジで時間の無駄ですよ。

今回は、僕が実践していたOB訪問の仕方を皆さんに紹介します。

合わせて読みたい

OB訪問はビズリーチキャンパスがおすすめ!使い方と評判まとめ

2017.11.29

90%の学生がOB訪問のやり方間違えてると思う

僕がOB訪問の記事を書こうと思ったのは、90%の学生がOB訪問の意義を勘違いしてるんじゃないって、思ったから。

なんとなく皆やってるから、OB訪問してみよう。

ゼミの先輩でいるから、まあとりあえず話聞きにいこう。

で当日、適当に質問してESとか見せて終わる。

そのOB訪問って無駄だし、

時間の無駄でしかないから!

OBに媚び売る場所じゃない

まず、最初に言いたいのはOB訪問は媚びを売る場所じゃないよってこと。

よく、OB訪問で評価されているって話がある(確実にある)。

ここで優秀だと思われると、面接とかで有利になるらしいよね。

ここで、学生が勘違いするのは、

「よし、OBに少しでも評価してもらうために、できるだけ優秀に振舞おう!」

とか考えて、「OB訪問 質問」とかでググって優秀そうな質問とか用意していく。

でも、そんな媚び売らなくていい。

同じ大学とかなら、いい評価つけてくれるだろうし。

その社員は落とすような権限持ってないから!

いや、そんなこと言われても、、、って人は次に書くことをやれば、

媚びも売らず、いい評価ももらえる

えっそんな夢のような話あるの?

あるんです。

あくまで確認作業の場

最初に、前提で伝えたいのは、

OB訪問は、調べればわかることは絶対に聞かないこと!

そこらへんの学生がする質問の答えは、だいたいこのサイトに載ってます。

Vokers

OB訪問は、あくまで確認の場所であるということ。

なんの確認??

それは自分の夢、目標を達成できるかの確認の場所ってこと。

もちろんOB訪問するんだから、自己分析は終わってるはず。そこで自分の将来の目標があるはず。

その目標のための手段として、会社に入ると思う。

もし目標がなかったり、自己分析が終わってない人はこの記事を読んでください

就活は自己分析で決まる!オススメのやり方を紹介します。

2017.11.15

OBに聞くのは、自分の目標がその会社で達成できるのか

それを確かめるための場所です。

でもそれだけで、評価されるの?って思いますよね。実はされます。

それだけ考えて、OB訪問してたら、社員の人も評価してくれます。

適当に、ありがちな質問を並べる学生より、何倍もいいです。

具体的なOB訪問の進め方

いや、OB訪問で聞くことはわかったけど、その質問だけで1時間ももたねーよ!

って思いますよね。そりゃそうです。笑

なんで僕のOB訪問の進め方を紹介します

  1. 自己紹介(アイスブレイク)
  2. OBの人の業務内容
  3. OBの人がその会社に入った理由
  4. 目標がその会社で達成できるかの確認
  5. ESや志望動機を見せる
  6. 雑談

自己紹介(アイスブレイク)

合う場所は、だいたい会社の1階のエレベーター前とかです。

まず最初に会ったら、時間をとってくれたことに感謝を述べ、お店に入るまでは適当にアイスブレイクしておきましょう。

食事を注文したら、軽く自己紹介をします。

OBの人の業務内容

食事を注文し、自己紹介が終わったら、OBの人の業務内容を聞いていましょう。

事前に部署などは把握しておき、具体的にどんな仕事を行っているのか聞きます。

OBの人がその会社に入った理由

食事がきたぐらいのタイミングで、なぜその会社に入ったのかの理由を聞きます。

なぜなら、食べながらでも聞ける内容だからです。笑

目標がその会社で達成できるかの確認

食べ終わったくらいのタイミングで自分が達成したいこと、そのためになぜ会社に入りたいのかを語ります。

その会社に入って、それが実現できるのかを聞きます。

ESや志望動機を見せる

そのあとに、その会社で自分の目標が達成できそうなら、ESや志望動機を添削してもらいましょう。

その会社に受かった人の添削はかなり参考になります。

しかし、あくまで参考程度に聞きましょう。

ESの書き方についてはこちらの記事を参考にしてください。

ボスキャリの必勝対策②ES(レジュメ)で面接を勝ち取る方法とは!!

2016.09.29

雑談

お店を出たら、別れるまでは適当に雑談します。

最後は、「ありがとうございました、頑張ります。」といい分かれます。

持参していたもの

持参していたものですが、

・メモ帳
・筆記用具
・名刺入れ
・志望動機やES

基本的にはこの4つです。OB訪問は、基本的には話す場所なので、持ち物はこれくらいで十分です。

まとめ

いかがでしたか?今回紹介したやり方は、僕のやり方なのであくまで参考程度にしてください。

OB訪問は、基本的に連絡すれば誰でも受けてくれます。

合わせて読みたい

OB訪問探し方で困っている人へ!すぐに出来るOB相手探し方7選

2017.10.28

しかし、忙しい社会人が時間をとってくれてるんです。自分だって、わざわざ会社までいって時間を使ってるんです。

お互い時間の無駄にならないように、しっかり準備しくのがBestです!



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。