【暇な人は返信が遅く、忙しい人は返信が早い】レスが速い人と一緒にいたい


記事の内容
リズムの合う人と一緒にいたい
クソなものには返信しない
簡潔に、返信する

暇な人は返信が遅く、忙しい人は返信が早い

これって、前から言われてることですよね。

でもこれって、ビジネスの場面でよく言われていると思うんですけど、私生活でも当てはまると思うんですよね。

大ヒット中の【多動力】

最近、ホリエモンが出した本で【多動力】って本があります。

有名なんで、すでに読んでいる人も多いと思うけど。まあ今までの本と同じことを基本的に言ってるんだけど、その中でこんな言葉があります。

ヒマな人ほど返信が遅く、忙しい人ほど返信が速い

いろんな言葉が、面白かったですけど、特にこの言葉が響きました。私生活で普段から感じているからですかね。

まだ読んでない人はぜひ。

レスの遅さの不快感

僕は基本的に、何かメッセージがきていたら、ためずに速攻で返信する人間です。

レス早くとかは、意識をしていないんですけど、なんか溜まってるのが気持ち悪いんで返します。

でもたまにいるんですよね、レスの遅い人。ひどい時とかは数日後とかに返してくる

レスが速い僕からしたら、あーその話題か。懐かしなみたいな感じです。笑

私生活でもめんどくさいって感じるので、仕事では返信の速さが大事なんだと感じてます。

大事なのは、自分のリズム感と合うか

別に僕は、レスが遅くても早くても、人それぞれ何でいいと思うんです。

ただ、僕は一緒になんかやりたくないなって思っちゃうんです。

だって、僕と完全にリズム感が違うから

数分で返信するのに、帰ってくるのが1日後とかだといちいち、その話題について考えるのめんどくさい。

しかも、その時に予定の話とかしていて、レスが速い人は数分で決まる。でもレスが遅い人は数日時かかる場合もある。

数日たったら、自分の予定も変わってる。時間の無駄なわけです

なので、大事なのは、相手が自分と同じリズム感を持っている人かどうかだと思います。

クソなものには返信しない

とはいえ、いくらレスが早くても、全て返してるわけじゃありません。

そんなことしてたら、常にラインしなきゃいけないですし。

クソみたいな連絡には、スタンプ送るとか、放置します。

それは、僕の中の感覚で決めているので、僕もわかっていません。でも明らかに今じゃなくてもいいものとかは、後でにする

簡潔に返信する

あとは、なるべく短く、簡潔に返信するように心がけてます。

友達とくだらない会話を、ヒマな時間にしているなら話は別ですが。

これは、以前インターンしていた会社の人に言われました。

文章長い、読む時間無駄だから。

忙しすぎる人からしたら、だらだらと述べられるより、要点だけ簡潔に知りたいんでしょうね。(僕は忙しくないので、そんなわかりませんが。)

まとめ

結論、返信が速い人と一緒にいたいです。

めんどくさいので。でもみんな返信が速いのがいいって、言ってる人もいるけど。

感覚は人それぞれなので、どっちが正しいとかはないと思います。

ただ僕が関わった仕事できる人は、みんなレス速いよね



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。