凡人が講演してみた!経験から学べた大切な4つのこと


こんにちは。実は先日初めて、人前で講演(講演の定義がわからないけど、多分講演)しました。

25人ぐらいの前で話しましたが、人前で自分の体験を話して感じたことがありました。

なぜ講演をする流れに?

そもそも僕は本を出しているわけでもなければ、何か凄い実績があるわけではありません
どこから依頼されたかというと、昔から仲の良い先輩です。

実はその先輩が高校の先生をやっていて、1時間使って海外留学のことを話してほしいという話でした。
初めて聞いた時は、「人に1時間も話せることないわ、、、、、」と思ってましたが、海外で感じたあることがきっかけで話すことにしました。

海外で感じた人に何かを与える素晴らしさ

正直、人前で話すことはめちゃくちゃめんどくさいですよね笑。
特に1時間ともなると、、、、、しかも相手は高校生です。

留学に行く前の僕なら「めんどくさいっす!」の一言で一瞬で断っていたと思います笑。
ただ留学中はたくさんの大人にお世話になりました。もはや大人に助けてもらわなかったら、つまらない留学生活になっていたかもしれません。
また就活中は多くの社会人が助けてくれます。

giveする側の人間


僕も何かをgiveする側になりたいと、生意気にも思ってしまいました笑。
そんなことから、自分の体験で若い人(僕も若いつもりですが)に何か話せたらと感じました。
そんなことから高校生25人の前で1時間話すことを決めました。

初めて話してみて感じたこと

初めて1時間も話して、様々なことを感じました。
人前で1時間も話すことで気づいたことをいくつか紹介します。

講演前の資料作成は大変


1時間も話すとなると、資料の数も膨大になります。
任せられる人がいるならいいですが、そんな人はいません笑。

せっかく高校生に話すわけですから、僕も何かを学生に感じてほしいわけです。
相手は高校生、僕が高校生の時は多分寝ると思います。笑

  • いかに高校生の心に響くか
  • 寝ないような面白いことが話せるか。

何より一番の目的は
僕の話を聞いて、将来海外に一人でも行ってもらうことでした
それを考えると話の構成、資料作成はめちゃめちゃ時間かかりました。
一番大変でした。

話す前はめちゃくちゃ緊張する!


僕は人前で話したり、初対面の人と話すことに関してはそこまで緊張しませんが、ものすごく緊張しました。
高校生が興味なかったらどうしよう
そもそも皆、知らない人の前で1時間も話すのか。

もはや、話す直前は「この依頼受けなきゃよかった!
と感じていました。

ただ話始めたら、そこまで緊張せずに話せました。
外国でのプレゼンの授業が役立った感!笑
まあこれは、慣れの問題だと思います!

なんでも知ってる先生だと思われる


高校生からは「先生」と呼ばれていました。
めちゃくちゃ違和感がありましたが、スルーしました。
生徒たちはあたかも、僕がなんでも知っている仙人のように思って、質問してきます笑。
僕も海外のことは全然知らない一人ですが、偉そうに話しているだけでそう思われていることには何か違和感を感じました。

興味ある人はすぐわかる!


話していてすごく感じましたが、興味の度合いは話している方からすると丸わかりです。
熱心に聞いている人ととりあえず聞いてる人
話している側からみると、こうも顕著にわかるものかと感じました。

この経験から感じたこと

話すに当たって、自分の時間を使いましたが、結果的にはよかったと感じています。
ここまでこだわってプレゼンをしたこともないですし。
1時間も人前で話し続けたこともありません。

結果、自分のためになったと感じています。
何よりも一人の高校生の子が終わった後にわざわざ挨拶にきてくれました。

僕も海外に行ってみたいです。面白かったです。ありがとうございました。」と。

自分勝手ですが、25人高校生がいて1人でもそんな風に感じてくれてやった甲斐がありました。(僕の話がうまければ、もっときたと思います笑)

この経験から学べたこと

実際に話して見て、たくさん学んだことがありました。
講演をした側でしかわからないことだと思いました。
多くの人が、誰かの講演会だったりとかにいくと思います。
何気なくきているとお思いますが、以下のことを考えるといいなと感じました。

講演前の資料作成は大変

⇒話す人はめちゃめちゃ考えて、少しでも聞き手に何かを与えようとしています。何気ないスライド一枚、資料1枚でも時間をかけています。
そこまで考えて、話を聞くといろんなことが見えてくると思います。

話す前はめちゃくちゃ緊張する!


⇒人前で話す人は自信があるように見えますが、緊張しています。必死にアイスブレイクをしようとガンバっていたら、乗ってあげましょう笑。

なんでも知ってる先生だと思われる


⇒話をしている人はなんでも知っている仙人ではありません。知らないこともたくさんありますが、その中で自分の経験、考えを発信しています。
その人の意見が絶対!正しい!と思い込まないようにしましょう。

興味ある人はすぐわかる!


⇒話してからは分かりやすいほど、聞きての状況が見えます。丸見えです。
よく高校の先生に、教壇から寝てる人は丸見えと言われてましたが、その意味がやっとわかりました。
講演だけにかかわらず、人の話を聞く時は気をつけましょう

またやってみたい!

正直、めんどくさかったですが、たくさんの学びがあったと思います。
1時間も話すネタがあるという自身にもつながりますし!
また機会があればバンバン話したいと思います!



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

よーいちろー

94年生まれの中央大学5年生です。 20代の大学生や社会人向けに記事を書いています。 僕の感じたことを書く雑記ブログです。もしよければ読んでください。 就活も終わり、総合商社に行く予定です。