ボスキャリ準備対策講座 内定獲得までの軌跡⑤! メーカー志望の斎藤さん!


ボストンキャリアフォーラム対策講座に参加した学生たちの軌跡を記録します!
講座に参加する前、全4回の講座の各回終了後、そして内定獲得まで、彼らにインタビューを敢行することで、
いつ、どのような活動をしていたか、どのような考えに基づいているか、いかに内定を獲得するか
を記録しようと思います!
インタビューによる、準備~本番までのリポートは随時更新していきます!!
17人のまとめ一覧はこちら!

目次

プロフィール・バックグラウンド

%e3%82%86%e3%82%8a%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab

氏名、年齢、大学、学年、出身を教えてください。

斎藤景子 (22歳) 国際基督教大学卒業 茨城県出身

大学で学んでいたことは何ですか?(専攻、ゼミ等)

言語教育専攻 その他 メディアや心理学の授業も履修

課外活動の経験について教えてください。(大学での授業以外にやったこと等)

大学の寮での寮長経験、寮生イベントの責任者、国際ボランティア、オーストラリアの高校での日本語教育実修

日本でのバイト・インターン・就活経験について教えてください。

イタリアンレストランでの接客(2年)
就活経験あり

留学に来た理由・目的・得たいこと を教えてください。

就職前に留学、また英語環境でのインターンシップを経験して、海外で働く経験・イメージを得たいと思ったため。

ボスキャリに参加する理由・求める結果・展望を教えてください。

既卒のため帰国後なるべくはやく働き始めるには大きなチャンスであるため。2017年内に働きはじめることができるように内定をとりたい。

今回、本ワークショップに参加した理由・期待していることは何ですか?

自分だけで得られる情報が少ないため、過去にも学生を見ていた方からのアドバイスをいただきたいと思ったため。
img_3063

【2016年8月4日】第1回講座-自己分析・企業分析編-

第1回講座-自己分析・企業分析編-の講義内容はこちらです!
まずは第1回講座に参加する以前までについてです。

キャリアのゴールや成し遂げたいことは何でしたか?(目的)

日本と海外をつなぐ仕事すること。将来海外に出て働くこと。

それをどのように達成しようと思っていましたか?(手段)

メーカーなどの企業で働き、日本の製品を海外に届けることに携わる。また海外拠点に赴任できるようになる。

志望業界・企業は何でしたか(ボスキャリ&帰国後)

日本メーカー(特に海外売り上げ高が高い業界・企業)

これまでやっていた自己分析の方法について具体的に教えてください。

自分は集団の中でどのような役割を担うことが多いか考える。
親や付き合いの長い友達に外から見た自分の特徴を教えてもらう。
自分がどのようなことに価値を置くのかを考える。
自分の年表を書き出してみる。

これまでやっていた企業分析の方法について具体的に教えてください。

会社のホームページで、今後の事業展開について知る。
日経新聞等で、その企業の記事を読む。

ボスキャリへの対策は何をしていましたか?

インターネットで経験談を読む。実際にボスキャリに参加されたIBPの先輩に話を伺う。
IBPプログラムについてはこちら!

留学先に来てからやってきた事・積み上げた事、チャレンジしてきた事は何ですか?

社会人の方たちにお話を聞くこと。
情報を集めながら、ボランティアなどに積極的にチャレンジしている。
img_20160804_183455
ここからは「講座を受けてどのように変化したのか」インタビューしました。

あなたの9BOXシートを見せてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-%e5%8d%88%e5%be%8c10-24-39 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-%e5%8d%88%e5%be%8c10-24-51 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-%e5%8d%88%e5%be%8c10-25-04

キャリアのゴール(目的)におけるあなたの考えについて、講座を受けての変化があれば教えてください。

日本と海外をつなぐ仕事をする。
相手の課題や問題に対して、最適な解決法を提供できる人になること。

目的のための手段における考えについて、こちらも変化があれば教えてください。

目的と手段の考え方を混同していたところがあったので、目的から手段(企業・働く場所)を考えることが大切だということに気づけた。

改めて、志望業界・企業について理由も含めて教えてください。

以前は海外に多く製品を販売しているメーカー多く志望していたが、”もの”だけにこだわらなくてもよいのではないかという考えになった。
日本と海外をつなぐという意味で日本のメーカーは以前として志望する業界ではあるが、顧客の課題に対して柔軟にサービスを提供することができるITサービスの業界にも関心がある。

現状の自分に自己分析として必要なものは何ですか?

目的と手段の理解を整理して、目的を達成するためには何が必要なのかをよく考えること。

今後、自己分析をどのようにやっていくか、教えてください。

9BOXを完成させる。
両親・友達に自分を外から見た強み・弱みを聞かせてもらう。

同じく、企業分析をどのようにやっていくか、教えてください。

企業のIR情報を調べて、企業が今後力を入れていく事業分野を認識する。
自分の方向性と企業の方向性が合致することを確認する。

現在の自分に活動実績として必要なものは何だと判明しましたか?

現在自分に足りていないスキルを埋めるためのインターンシップ先探しや、それに少しでも関わりのあるボランティア活動など。

その他ワークショップを通して学びを得られたことを教えてください。

根本的な考えを変えて、もう一度自分のことをしっかり考える必要があると思った。

次回(ES編)までにする事を教えてください。

9BOXの完成
企業分析
ESの作成
img_3063

【2016年9月1日】第2回講座-ES編-

第2回講座-ES編-の講義内容はこちらです!

現時点での志望企業TOP5(ボスキャリ参加企業)を教えてください。

ニコン
富士フイルム
日立
三菱電機
東レ

現時点での志望企業TOP5(ボスキャリ関係なく)を教えてください。

ソニー
キヤノン
ニコン
富士フイルム
日立

前回のワークショップを終えてから、現在までした自己分析・企業分析について教えてください。

大きなメーカーという枠の中でも、どの製品に自分が興味があるのかを考えて、その業界の企業分析を進めた。

ESを書くうえで苦労したこと、うまくいかなかったことは何ですか。

客観的に、自分の経験したことを状況説明から簡潔に書くこと。

ワークショップのどの部分、どの内容がESを書くうえで自分のためになりましたか。

自分では数字化できなかった部分を、話しを引き出しながら、より説得力のある文章にしあげていただいたこと。
img_3053

【2016年10月7日】第3回講座-面接編-

第3回講座-面接編-の講義内容はこちらです!
まずは「面接の対策」についてお聞きします。

「面接」に対して、過去(ワークショップを受けるまで)にどのような準備・対策をしていましたか。

一度就活を日本で経験していたので、だいたいの流れは分かっていた。結論ファーストで話すことは心掛けるようにしていた。

今回のワークショップで面接について学んだこと、役立ったことはなんですか。

どのネタが面接官に受けるかを面接内でつかんでいくこと。

これからボスキャリ当日までの間、どのような面接対策・準備をしていこうと考えていますか。

最初に全体のまとめを話せるようにしておくこと。だらだら長く話さないようにすること。
ここからは、「事前アプライ」についてお聞きします。

何社に事前アプライしましたか。そのうち何社で事前面接がありましたか。

事前アプライ・・・11社、事前面談・・・7何社

事前アプライの際の、「企業選びの軸」を教えてください。

IT企業と日系のメーカー

事前アプライ、ES提出の時期はいつでしたか。

9月から直前。
選考が進んだのは早め(9月中)に応募した企業が多かったように感じる。

CFN共通レジュメ/ESにおいて書いたこと、アピールしたことは何ですか。

CFN共通レジュメ:1)留学に来てからのインターンのこと 2)日本の大学生活中の学生寮でのリーダー経験 3)海外ボランティアの経験

事前面接の方法、内容について教えてください。

・日系電機メーカー
UWキャンパス選考(1次面接)
・外資ITサービス
1次、2次Skype面接(各30分)
・外資ITコンサル
1次、2次Skype面接(各30分)
・外資ITサービス?
事前課題、録画面接
・日系ITサービス
1次Skype(40分)
・外資ITコンサル
1次Skype(30分)、2次サンフランシスコでグループワーク
・日系IT
面談Skype(30分)←多分選考ではなかった

回答ありがとうございました!それでは当日、頑張ってください!!

img_3360

ボストンキャリアフォーラム当日の結果

ボストンキャリアフォーラム当日のレポート記事はこちら!
ボストンキャリアフォーラム当日の様子や、その結果についてお聞きします。

志望企業上位3-5社とその結果を教えてください。

外資ITサービスA社:内定
外資ITコンサルB社:内定
日系電機メーカーC社:最終で落選
外資ITコンサルD社:2次グループワークで落選

上で回答した企業の内定獲得(または落選)までの流れを教えてください。

外資ITサービスA社
共通レジュメでエントリー
1次Skype(人事)
2次Skype(部長)
最終ボストン(日本オフィスの代表)
→内定

外資ITコンサルB社
共通レジュメでエントリー
1次Skype(人事)
2次Skype(部長)
最終ボストン(日本オフィスの代表)
→内定

日系電機メーカーC社
個別ESでエントリー(帰国go経由)
1次@UW(人事)
最終ボストン(人事+部長クラス?)

外資ITコンサルD社
共通レジュメでエントリー
1次Skype(人事)
2次グループワーク

面接ではどのような質問をされましたか。

・自己紹介
・志望動機
・留学に来てから力を入れていること
・留学で大変だったこと
・逆質問
・あったらよいと思うとITサービスは何か

面接で特に重視されていると感じたポイントや、掘り下げられた部分はどこですか。

志望動機が経験と結びついているかどうか。どうして既卒で留学に来たのか(特殊)

参加したディナーの様子を教えてください。

1日目A社
最終面接後のディナー
企業の方が宿泊していたホテルから徒歩10分くらいのレストランで学生6人+社員6人
和やかな雰囲気。特に選考に関係ありそうな質問をされたりはしなかった。ディナー後面談打診の連絡をもらい、翌日内定をもらった。

2日目外資ITコンサルB社
最終面接後のディナー
企業の方が宿泊していたホテル(?)
会場から15分くらい
学生10人+社員3人
和やかな雰囲気。この時点できていた学生はみんな内定が出ていた。
slack-for-ios-upload-6

【ボスキャリ終了後】振り返り・反省

ボスキャリに参加したみなさま、お疲れ様でした!ボスキャリを終えての反省についてお聞きします。

勝因(内定を獲得できたポイント)だと思う部分はどこですか。

一度就活を経験していてだいたい流れは分かっていたこと。自分の経験と企業の方向性がマッチしたこと(?)

同じく、敗因だと感じる点やもっと準備すべきだった点は何ですか。

共通レジュメをもっとはやく完成させるべきだったと思う。

今後の就活の予定について教えてください。

就活は終了し、帰国後7月に外資ITサービスA社に入社予定。

入社する/入社しない など、上で答えた選択をした理由を教えてください。

すでに大学を卒業してから留学にきているため、はやく働きたいということと、内定を頂いた企業が入社したいと思えるところだったため。

ボスキャリ準備~本番において、ワークショップを通し役立った内容は何ですか。

9BOXは根本的なことを考え直すのにとても役立った。ただ就活に役立つというよりも、自分のやりたいことや。何に対しておもしろいと思って取り組めそうなのかなど深く考える機械になった。

これからボスキャリに参加する後輩へのアドバイス

事前準備(自己分析、企業分析、OB訪問、ES、面接準備など)についてのアドバイス

準備ははやくはじめるに越したことはないと思います。あと(就活のためだけではないけれど)留学に来てからなるべく早く行動して話せることを増やしておくといい。日本の就活ほど企業研究は重視されていないように感じたので、企業研究がちゃんとできていると印象に残りやすいのではないかと思う。

当日の振る舞い(面接、ウォークイン、ディナー、スケジューリング、持ち物、会場内の注意点など)についてのアドバイス

歩きまわって疲れるので、荷物は軽くしておくこと。(パソコンは1日目に持って行ったけれど使わなかった)
あまりスケジュールをつめすぎないこと。

slack-for-ios-upload

インタビューは以上になります。
ボスキャリは留学生にとって大きなチャンスである反面、情報が入手するのが難しく、対策しにくいという側面があります。
今回の「準備対策講座」、「留学生アンケートによる軌跡」を通し、その一助となれば幸いです。

17人のまとめ一覧はこちら!



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)