【留学生が実際に感じた】持ってくるべきもの・いらないもの!


留学前のパッキング

luggage stuffing
参照元:http://www.pickyourtrail.com

留学前はこんな状態になりますよね・・・。私もなりました。
スーツケースは23kg以下に抑えなければならない・・でも色々入れたい!そんな方は必見です!
何を持っていくべきなのか
何がいらないのか
そんな疑問を実際にシアトルへ留学に来ている学生の声をお伝えします!

持ってきた方が良いもの

Unknown
参照元: http://01.gatag.net

パスポート以外の身分証明書


パスポートを普段持ち歩くことはあまりオススメできません。海外で暮らしている私たちにとって命の次くらいに大事なものなので、失くしたり盗難にあうと大変です。
そのため、身分証明書として持ち歩くことのできる国際学生証や国際免許証はとても役立ちます。
生年月日が載っているものを持ってきてくださいね。なせかというと、21歳を超えている方、こちらでお酒を飲むことができますが・・・・100%年齢確認をされますので持っておくと便利だからです!!!
お店によっては国際学生証では認めてくれない場所もありますので注意です・・・。
また、レンタカー含め車をこちらで使用する可能性が少しでもある方は必ず国際免許証は取っておきましょう。


Unknown
参照元:http://www.123rf.com

こちらもみんな持ってきてる、または後に日本から送ってもらった人が多いです。
もちろんアメリカにも薬は売っていますが、日本のものとは成分が少し異なります。日本人にとっては強すぎるという薬もしばしば・・・・。頭痛薬や胃薬、風邪薬など日常で使いそうな常備薬は待っていきましょう!
また、こちらにも花粉症があります。
私は日本にいるときから花粉症でしたが、シアトルへ来てからもたまに発症します・・アレルギー持ちの方も自分の薬持っていきましょう!

【おまけ】うがい薬はあまり売っていないようです。使う方は要注意です。

文房具


56650674
参照元:http://item.rakuten.co.jp

勉強には欠かせない文房具。もちろん売っていないわけではありませんが、日本のようにたくさんの種類はありません。こちらの人はボールペン一本だけしか持っていないなんてこともしばしばあります。
特に、シャー芯や3色ボールペンは日本よりも高い値段で売っているため持参した方が良いでしょう!

スポーツ用品


Sport closeup detail
参照元:http://feelgrafix.com

こちらは男性からの意見で多かったものです。
日本で何かスポーツをやっている人はアメリカに来て学校のクラブに参加したり、地域のクラブに入ったりしています。
スポーツは言葉の壁を超えて仲良くなれるのでオススメです!
特に野球やサッカーのスパイク。こちらで購入することもできますが、サイズがなかなか合わず見つけるのに苦労したという声を聞きました。アメリカで売っている靴は横幅も広く大きいんです・・・。
スポーツをする予定がある方は持ってきた方が良いですね!

就活関連


635956654205312759-728561769_cover
参照元: https://www.theodysseyonline.com

これは自分がいつ留学に来ているかにもよるかもしれません。
私たちはIBP留学というビジネスに特化した留学プログラムのため、就職活動を意識しながら活動をしている人が多いです。また、秋に開催されるポストンキャリアフォーラムに参加する予定の方もたくさんいることもあり就活関連のものが必要だと感じたようです。
具体的には、就活用の証明写真、日本の履歴書、そしてSPI対策などの就活関係の本です。
ポストンキャリアフォーラムに参加する予定の方、帰国したらすぐに就職活動を控えている方は参考にしてみてください。

電子辞書・電子書籍・パソコン


budget-laptop
参照元: http://www.domstechblog.com

まず電子辞書です。携帯やパソコンでわからない単語を調べることはもちろんできますが、Wi-Fi環境外でも使え、すぐに使うことのできる電子辞書は便利です。また、授業中にスマホやパソコンの操作を厳しく注意する先生も多いため持っておいて損はないです。

続いて電子書籍。本をたくさん持ってくることは不可能だと思います。専門書や小説など日本から本を持っていきたい方にオススメです。またこちらで購入してもタブレット上に入るため持ち運びがとても便利です。
留学以外に自分で知識をインプットしたい方は持参すると良いでしょう。

最後にパソコン。これは無いと大変です、授業についていけないなんてこともあります。
というのもこちらの課題は全てonline提出かつ、課題の連絡もonline上で発表することが多いです。学校にパソコンはありますが自分の好きな時間にできないため、持っている方は必ず持参しましょう!
海外に来る前にウィルス対策はしっかりしておいてくださいね。

化粧水関係


28045_original
参照元:http://topicks.jp

こちらは特に女性の方は要チェックです。日本に売っているような化粧水や洗顔フォームが意外とありません・・・。
そして日本製品が良い!っていう方、シアトルにはUwazimayaという日本のスーパーがあるためそこに日本製の化粧水などは売っています。が、値段は2倍します・・・・・。
肌が弱い方や荒れるのが心配な方は持参するのが良いかもしれません。

持ってこなくても良いもの

gatag-00006902
参照元: http://01.gatag.net

日本食


圧倒的にこれが一番多かったです。日本食!
持ってきたけど、食べなくて消費期限切れになったっという声もありました。シアトルには多くの日本人や日系人が住んでいるため、日本食がたくさん売っています。無くて恋しくなるということはありません。
持ってくるとしてもホストファミリーなど現地の人へのお土産くらいの量で良いでしょう。この時に注意すべきなのが、有名どころは大抵シアトルにあるということです・・・。気をつけてくださいね!

ヒール


Womens shoes heels
参照元: http://sueallenclayton.com

こちらは女性向けですね。ヒールの靴は持ってこなくてよかったという声が上がっていました。
バス通学の人が多いのですが、家からバス停までは10分くらいは歩くことが多いです。また学校まで徒歩通学の人もいるためヒールを履く機会がなかなかないようです。
なんといっても、現地の人があまりヒールを履いていません!

洋服


Processed with VSCOcam with c2 preset
参照元:http://www.expectingexpats.com

洋服は様々な声が上がりましたが、長期滞在の場合は持ってこなくてよかったという声が多かったです。たくさん入れてしまうとかさばってしまうので・・・。
特に日本できていたようなオシャレで繊細な服はこちらでは着ないかもしれません。
洗濯した時にボロボロになってしまう可能性もあるため注意してくださいね・・。こちらの洗濯機は激しいです・・・。

ここで注意点!
日本人は男女ともにこちらの人よりも華奢な傾向にあります。そのためサイズ感が合わないということもありますので、注意してください。中にはサイズが合わなくて困っているという方もいました。
そんな時に便利なのがキッズサイズ!余裕で入ります、そして結構おしゃれです(笑)

ドライヤー


Portrait of a young woman using a hair drier
参照元:http://www.huffingtonpost.com

日本からドライヤーを持ってくる必要はないです。
特にホストファミリーの家に滞在する方は、家にあるドライヤーを使える可能性があります。実際に私は家にあるドライヤーを使用しています。
もし、使えなかったとしてもすぐに買いに行くことができます。日本で海外対応製品を購入するよりも安価で手に入れることができますよ。

シャンプー・リンス


bath-bottle-products-shampoo-conditioner-small
参照元:https://thecubiclecollections.com

重すぎます!持ってくる必要はありません!シャンプー・リンス・ボディソープは手に入ります。日本に売っているようなものもありますのでご安心ください。
しかし、日本製品に比べると髪はだんだん痛んできます。シャンプーなどの原因というよりは、こちらの水は硬水のため日本人の髪は痛みやすいんです。
シャンプーなどに対してこだわりがそんなにないという方は持ってくる必要はないでしょう。

最後に

多くの留学生が口にすることが2つあります。
1つ目は「正直、何でも手に入るよ・・。」
つまり、そんなに心配しなくて大丈夫ということですね!
もしこちらに来てどうしてもという場合は、日本から送ってもらうことも可能です。洋服や化粧水関係、薬など送ってもらっている人も多くいます。
2つ目は持ってくるべき大事なものです。魂!パッション!
こっちに来てから手に入れるのでは遅いです!日本から熱い思いを持ってきてください!

ぜひこちらを参考にしながらパッキングしてみてくださいね!



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)