シアトルに旅行するなら絶対に行くべきおすすめスポット5選!!


インフォメーション

main1
参照元:TABIKOBO


気候

夏は湿度が低く気温は摂氏24度前後で、日本の夏より過ごしやすいです。
ただし日中は暑くても夜は肌寒いので、羽織れるものを用意すると良いでしょう。
冬は最も寒い1月の平均最低気温が摂氏2度程度です。
11~4月にかけては雨が多いので、折り畳み傘等を携帯すると良いでしょう。


時差

日本との時差はマイナス17時間です。
ただし3月の第2日曜から11月の第1土曜までは夏時間となり、マイナス16時間となります。


交通

空港―ダウンタウン間を結ぶ路面電車「リンク・ライト・レール」は、5:04am~12:50amの約10分おきに運行しています。
シアトル・タコマ国際空港から最終到着駅のウエストレイク駅までの所要時間は約40分です。

車での所要時間は、空港からダウンタウンまでで20~30分です。
タクシーの利用料金は約$45くらいでしょう。

おすすめスポット


①パイク・プレイス・マーケット

dd1779cec32c179862b8338a6fea5396f4c3fed9_560a01b7a57b2_p
参照元:Travelbook
ダウンタウンの西(海側)に位置する100年以上続く全米で最も古い歴史をもつ市場です。
バラエティーに富んだ専門店や、シアトルの海鮮を使用した料理など、見所やグルメが満載です。
スターバックス1号店もここにあります。
シアトル№1のおすすめスポットです。

パイクプレイスマーケットについて、
スターバックスについては、
別記事でも詳しく紹介しています。
Address:Pike St.&1st Ave.,Seattle
TEL:206-682-7453


②スペースニードル

spaceneedle
参照元:Wikipedia
約184メートルの高さを持つ、シアトルのランドマークです。
展望台やレストランから360°の大パノラマを堪能することができます。
ここから一望できるシアトルの景色は感動すること間違いなしでしょう。
Address:400 Broad St.Seattle
TEL:206-905-2100
料金:$31


③セーフコフィールド

IMG_2830
1999年に完成したシアトルマリナーズの本拠地の野球場です。
日本の球場との規模の違いに驚くことでしょう。
バスやリンク・ライト・レールでのアクセスも良く、開閉式の屋根を持つので、天候に左右されずに野球観戦が楽しめます。
シーズンは4月~9月で、チケットは現地のボックスオフィス、シアトルマリナーズ・チームストアの他、電話やインターネットでも購入することができます。
チケット料金は$14~$460ほどで、日にちや対戦カードによって変動します。
また球場内は食事やビールが大変充実しています。
アメリカの地ビールを飲みながら、日本人選手を応援してみてはいかがでしょうか。
Address:1250,1st Ave S.,Seattle
TEL:206-346-4001


④ライド・ザ・ダック

Duck with Skyline
参照元:Ride the duck
ボートと車が一体となった水陸両用車に乗って、市内の魅力的な観光スポット巡りとユニオン湖のクルージングを楽しむことができます。
90分のツアーで料金は$28です。
天気の良い日にはぜひオススメです。
Address:516 Broad St.,Seattle
TEL:206-441-3825


⑤ワシントン大学

Cherries
参照元:University of Washington
UWことUniversity of Washingtonは、1861年に創立された州最大規模の州立総合大学です。
観光客が立ち寄れる施設も多く、その広さやスケールの大きさに驚かされるでしょう。

図書館も有名です。
無題
参照元:Travel Photo Adventures
“アメリカの大学”を体感してみてください。

おわりに

シアトルはエメラルドシティと呼ばれ、街と自然が調和している美しい街です。
また新鮮な海鮮を味わうことができるグルメの街でもあります。
シアトルの美しさと美味しさに感動すること間違いなしでしょう。



内定達人が教える就活術
~MARCHが早慶を超えるテクニック~

この本はMARCH生で、大手企業から何社も内定をもらった僕と、現在Micrisoft アメリカ本社で勤務しており、アメリカのMBAビジネススクールでOB(人事/組織学)を学んだ石坂氏が出版した就活本です。

この就活ノウハウは過去4年間で、100名以上のMARCH・関関同立生を有名企業に内定させてきました。

過去の実績は、日本Microsoft、LINE、PwC、総合商社、東京海上日動、ANA、ロレアルジャパン、オリエンタルランド、アクセンチュア、大手広告代理店、Amazon ジャパン、HP、リクルート、楽天、Softbank、JTB、ユーグレナ、P&G、EY、KPMGなどの大手企業が並びます。

この本を無料で読む方法もあります。
詳しいことは、下記のリンクからお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)